アップルジンジャージャム・トースト

1月 30th, 2012

こんにちは、大平恭子です。
毎日とても寒い日が続きますね。私も今年は特にカラダの冷えが気になり、服装や入浴、そして食材選びや料理メニューに気をつかっています。

「カラダを温めて免疫力を高める食材」の代表格は「しょうが」。この冬は特に意識していろんなお料理にたっぷり使ったり、すりおろしたものをはちみつと合わせて紅茶に入れて飲んだりしているのですが、きょうは産直で買った岩手県産のりんごを使ってジャムにしてみました。後味がちょっと大人のジャム。甘さが調節できるのも手作りの良さですね。

<材料・分量(作りやすい分量:仕上がり約120g、トースト3~4枚分)>
・りんご  1個(250g)
 *今回は岩手県産サンふじを使用。
・しょうがの絞り汁  大さじ2 (生姜1/2個を目安に)
・さとう  大さじ2 
・レモン汁  大さじ1
・水   200cc
・はちみつ  小さじ1 (お好みで。あればで可)

<作り方> 
①りんごは8等分し皮をむいて5mmくらいの厚さに細かく切り、砂糖とレモンと振りかける。

②厚手の鍋に①と水を入れ、焦げ付かないように時々かきまぜながらリンゴが細かくなるまで中火から弱火で煮る。(約20分くらい)

③②にしょうが汁とお好みに合わせてはちみつを入れ全体を混ぜ合わせたらジャムのできあがり。

こんなふうに焼いたトーストの上にたっぷりのせて。紅茶との相性もとてもいいです。

りんごの品種やお好みによって、さとうやしょうが汁の量は調節してくださいね。
すりおろしをそのまま入れても構いませんが、量は加減してください。絞り汁より生姜のピリリ感がダイレクトに伝わりますよ。

Leave a Reply