南部一郎かぼちゃと舞茸ベーコンのソテー

11月 30th, 2011

こんにちは、大平恭子です。前回に引き続き「南部一郎かぼちゃ」を使ったレシピをご紹介♪きょうは、一般的な西洋カボチャに比べて皮が薄くて切りやすい特徴を生かして、薄く切りソテーにしました。皮は蒸し焼きすることでそのままいただけますが、気になるようでしたら取り除いて調理しましょう。ピーラーを使ってむくことができますよ。

【材料・分量(2人分)】 
・南部一郎かぼちゃ   1/3個~1/2個(皮つきで300gくらい)
・ベーコン  1パック(35g)
・舞茸    1パック
・にんにく  1片
・炒め油   小さじ2
・塩  少々

<作り方>
1. 南部一郎かぼちゃは種とワタを取り、皮つきのまま5mm位の厚さに切る。バットにのせ、塩を少々振り、20分位置く。
 *余計な水分を出し、かぼちゃの甘さをだしていきます。
2. 舞茸は手でほぐし、ベーコンは食べやすい大きさに切る。にんにくは皮をむき薄くスライスする。
3. フライパンに炒め油をしき、中火で2.を炒め、いったん皿に取りだす。
4. 次いで1.をフライパンに並べ、蓋をして4~5分蒸し焼きする。
5. うっすら焦げ目がついて火が通ったら、3.を再び入れ、全体を混ぜ合わせ火を止める。
6. 5.を皿に盛り、彩りでパセリ(分量外)のみじん切りを振りかけたら出来上がり。

塩を振っておく時間を除いたら、調理時間10分の簡単料理です。
よかったらお試しくださいね~♪

Leave a Reply