東日本大震災により被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。

プロフィール

1999年に地元マスコミ業界を中心に発足。「命の洗濯」をモットーに三陸に棲むという”幻の大魚”二尺の真鰈を追い続ける。
岩手真鰈愛好会の会員が鰈を始めとした海釣りはもちろん、春からの秋にかけてのフライフィシング、夏の鮎、冬の公魚釣りと一年を通じて岩手の釣りをご紹介します。
 
 

 

第5・6回レポート
高橋 啓司
フライフィッシング・インストラクター
1957年生まれ。花巻在住。
NHK文化センター講師、イーハトーヴ釣具店インストラクターを経て、プロインストラクターとして独立。
現在、岩手リバーフィッシングサービスを立ち上げ、フライフィッシング・インストラクターとして活動中。
第4回レポート
柴田 幸也
日交プロジェクト常務取締役
イベント制作のエキスパート。
岩手真鰈愛好会の前事務局長。
船上で誰よりも美味しそうにビールを飲む特技を持つ。
第3回レポート
君沢 温
岩手めんこいテレビ 報道局報道部 部長
岩手真鰈愛好会 事務局長
三陸・宮古で生を享けたため、子どもの頃からの釣り三昧。
川・池・海、およそ水のあるところなら風呂にまでも釣り糸をたれる始末。
その割には腕・釣果とも人に誇れるところなく、皆から愛されてしまうそんな私です。
 
村田 久 第2回レポート
村田 久
作家
FM岩手「野遊び倶楽部イーハトーブ」パーソナリティー。
アウトドアインストラクターとして、自然関係の講演・シンポジウムで活躍中。
月刊「Flyfisher」にエッセイ「えっちらおっちら道草だより」を連載中。作品/「底なし淵」(朔風社) 「イーハトーブ釣り倶楽部」「定年釣り師」(小学館)
     「山を上るイワナ」「あの谷の向こうに」(つり人社)など、その他著書多数。
 
船越 茂雄 第1回レポート
舟越 茂雄
岩手県保健福祉部 障がい保健福祉課
岩手真鰈愛好会 第10代名人
平成4年の秋に初めてカレイの船釣りを体験。
毎日仕掛けをいじっていても一向に飽きることがない!
最近はカレイの他にタラ、メガラ、ヒラメ、イカ釣りを始めた。
100歳まで竿を持ち続けることを目標に釣りを楽しんでいる。

Comments are closed.