先日、大船渡に向かう国道396号で、不思議な光景に出合いました。
それは、紫波町佐比内の産直「紫波ふる里センター」の敷地に並ぶ、数十体の「かかし」。
しかもそのかかしは、戦場カメラマンの渡部陽一さんや、今年プロ野球で大活躍のヤクルトの畠山選手(岩手県出身!)、なでしこジャパンの石清水梓選手や沢穂希選手、政治家など、ユニークなものばかりなのです。

戦場カメラマンの渡部陽一さん ヤクルトの畠山選手 あぁ~んぱぁ~んまぁ~んズ

そうそう、沿岸地域に向かう国道沿いということもあって、被災地のために連日活動してくれた自衛隊員にお礼の意味を込めて、というものもありました。
実はこれは同産直の組合が実施した「かかしまつり」。
とにかく、見ているだけで思わず笑みがこぼれ、ほのぼのした気持ちになるのです。
まつりは明日2日までですが、一部の「入賞作品」は10日まで展示されるそうです。













紫波ふる里センター
紫波町佐比内字馬場80-1


大きな地図で見る

Leave a Reply