7月 13th, 2010

湧き水で涼を取る

火曜日, 7月 13th, 2010

蒸し暑い日が続く今日この頃。
そんな日は、近所に湧く清水に行って涼を取ります。

私の住む町内には、「青龍水」という清水があります。この水の静かな流れや澄んだ水面を見ているだけで身体の中に涼風が吹き込み、先ほどまで流れていた汗がすっーとひいていくような、心地よい気分になります。
ここは隣りの鉈屋町にある「大慈清水」とともに、平成の名水百選にも選ばれました。それほど清らかでおいしいということなのでしょう、近所の人はもちろん、遠くから車や自転車で汲みに来る人も少なくありません。我が家でも時々汲んでは、お茶やコーヒーに利用しています。盛岡の水道水は全国的にみてもおいしく上質であるといわれていますが、それでもやはり湧き水のほうが、さらにおいしく口当たりがなめらかなような気がします。

「青龍水」はもともと、小径をはさんだところにある寺「青龍山祇陀寺」の敷地内に湧いていた水を水源としていた共同井戸で、名前もその山号から名付けられたそうですが、昭和45年頃には水量が激減。その頃には水道も普及していたのですが、地域の人たちはそれまで親しんできた「青龍水」をなんとか保存したいと、そばに新しく井戸を掘ったとか。現在の「青龍水」は、この井戸からポンプで汲み上げられているものですが、それまでの湧き水とほとんど同じ水質だそうです。

昔の共同井戸がそうであったように、「青龍水」にも「一番井戸 飲料水 二番井戸 米磨用水 三番井戸 洗濯用水」という文字があり、かつて場所によって使い分けされていたことがわかります。
現代ではほとんどの人が一番井戸から飲料用として汲んでいくだけですが、私の子どもたちは小さい頃、暑い夏になると、三番井戸で足を浸して遊んでいました。
ちなみに昔も今も、地域の人たちがこの井戸を定期的に掃除して管理してくださっています。利用する時には感謝の心を忘れずに、ルールを守って使ってくださいね。