「みずき団子」

小正月には昔から様々な行事がある。

先日、宮古市の道の駅「シートピナなあど」で「みずき団子」の飾り付けを子どもたちがやっていた。
これは小正月に五穀豊穣を願い、作物の豊作を模して冬でも枝が赤い水木に、米やそばの粉で作った丸い形の団子をつけるものだ。

昔は各家庭でやっていたものだが、近年は見かけることもなくなった。
それでも公民館や公共施設などではこうした行事を絶やさないようにと、イベント的に行っている。

農村でも漁村でも行われる行事のため、団子の形に特徴がある。

昔は、漁家なら「アワビ」「タコ」「イカ」があり、農家では「クワ」「スキ」などを真似たものもあった。養蚕をやっていれば「まゆ玉」もあったというからおもしろい。

昔ながらの風物行事、大切に継承していきたいものだ。

コメントはまだありません

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード。 TrackBack URI

コメントする

WordPress Themes