「オマブリ」

私の新春の仕事初めでは毎年、黒森神楽の神楽衆からオマブリ(お守り、厄除け)を額につけてもらうのが恒例となった。

オマブリは米粉を水で溶いたもの。神楽のシットギ獅子の舞いが終わったあとに参列者全員の額や鼻につけられる。
このオマブリで一年の無病息災を祈願するものだ。
江戸時代から何百年にも渡って脈々と続く伝統行事。

黒森神楽は宮古市の黒森神社に伝わる国重要無形民俗文化財。伝承では800年、古文書では300年前からの記録も残されている。
神楽衆が権現様とよばれる獅子頭を携えて、旧南部藩の沿岸領域を巡行(じゅんぎょう)する廻り神楽だ。
南廻りと北廻りを隔年で行う。今年は北廻りで久慈地方までこれから約3ヶ月かけて練り歩く。

どうぞ旅先で出会った神楽を楽しんで下さい。

「みずき団子」

小正月には昔から様々な行事がある。

先日、宮古市の道の駅「シートピナなあど」で「みずき団子」の飾り付けを子どもたちがやっていた。
これは小正月に五穀豊穣を願い、作物の豊作を模して冬でも枝が赤い水木に、米やそばの粉で作った丸い形の団子をつけるものだ。

昔は各家庭でやっていたものだが、近年は見かけることもなくなった。
それでも公民館や公共施設などではこうした行事を絶やさないようにと、イベント的に行っている。

農村でも漁村でも行われる行事のため、団子の形に特徴がある。

昔は、漁家なら「アワビ」「タコ」「イカ」があり、農家では「クワ」「スキ」などを真似たものもあった。養蚕をやっていれば「まゆ玉」もあったというからおもしろい。

昔ながらの風物行事、大切に継承していきたいものだ。

WordPress Themes