陸中野田―田野畑間が運転再開 名物の眺望も復活

 三陸鉄道(望月正彦社長)は4月1日、北リアス線の陸中野田―田野畑間の運行を再開しました。

 約13カ月ぶりの運転再開を記念して久慈、陸中野田、普代、田野畑の4駅でイベントを開催。普代駅では「駅―1グルメ&普代うまいもの市」と題してイカなどの炭火焼きや同村商工会青年部が「こんぶドッグ」を提供し、鉄道利用客の心をつかんでいました。

 柾屋伸夫村長は「この1年、通勤通学など生活の足として三鉄の必要性を感じ続けてきた。今日の開通を村民とともに喜び合い、改めて利用促進を訴えていきたい」とあいさつしました。

 午前10時20分に久慈駅を発車した2両編成の車両が同11時、普代駅に到着。団体ツアー客を含む多くの利用者や鉄道ファンが降車し、久しぶりにホームに活気がよみがえりました。野田村の安家川橋梁では徐行運転をし、乗客に太平洋を望む雄大な景色を贈りました。

 三陸鉄道は2014年4月までの全線復旧を目指しています。


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

エリア特派員について

 

2012年4月
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

アーカイブ

Link

岩手さん.com

indexmebaby.tk