盛岡市の飲食店が出張営業


 盛岡市大通りの飲食店「ヌッフデュパプ」(伊東拓郎店長)は2月26日、三陸鉄道普代駅構内の食堂で村特産の食材を活用したコース料理を提供し、地産食材の斬新なアレンジに村民は舌をうならせていました。

 午後4時からと同6時30分からの二部に分かれ計100人が来場。店内には大漁旗があしらわれ、揃いの半纏(はんてん)をまとったスタッフが手際よく来客に対応していました。

普代寿司~普代村産毛ガニのドラゴンロール~ 村自慢の海の幸を中心に活用し、9品を完成。デザートのアイスには、すき昆布を薄焼きした「チュイル」が添えられ、来場者は甘さの中にほんのりとした磯の香りとパリパリとした不思議な食感に舌を巻いていました。

 家族三人で訪れた同村白井の藤島さんは「地元の食材だけど、どれをとっても初めての味。とてもおいしかった」と大満足の様子でした。

 伊東店長は「普段食べ慣れないような料理の数々だったと思うが、反応が良くうれしかった。今後とも料理、食材と新たな提案を相互にできる関係でありたい」と語っていました。


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

エリア特派員について

 

2012年2月
« 1月   3月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
272829  

アーカイブ

Link

岩手さん.com