久慈市と岩手大、地域連携で相互成長を

 久慈市と岩手大学(藤井克己学長)による地域連携フォーラムは13日、市内催事場で行われ双方の協力関係を示す事例が多数発表されました。

 平成22年に久慈市から同大学に共同研究員として出向している関本勇生さん(27)が、企業や自治体からの要望から生まれた研究事例を紹介。久慈市の薬局と共同開発した低カロリーのおからパンに関わる開発過程などを解説するなど、地域産業活性化の成果を語っていました。

 同じく講演した同大学岩渕明副学長は、来場した地元高校生に「5年後、10年後にふるさとで出来ることを考えて学習に取り組んでほしい」とアドバイスを送っていました。


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

エリア特派員について

 

2012年2月
« 1月   3月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
272829  

アーカイブ

Link

岩手さん.com