いろんな色があっていい!

 自閉症、アスペルガー症候群など発達障がいを持つ子供たちの親で組織する「からふる」(細越郁美会長)の設立記念イベントが3月5日、久慈市総合福祉センターで行われました。

 約100名が来場。昨年6月から活動する、自閉症やダウン症の子を持つ親の会「はちのへキャラバン隊」(八戸市自閉症児(者)親の会)が講師を務め、寸劇や紙芝居で障がいへの理解普及を訴えました。同会のメンバーは「子供たちの『出来て当たり前』から、少しでも出来ることに感動できるようになった。周りに手を貸してくれる人が一人でも増えてくれればいいし、自分もそういう人間になりたい」と、語りました。

 からふるの晴山会長は「『からふる』は様々な個性を色に例えた会称。障がいに対する認知度はまだまだ理解不足。勉強会や講演会を通じて理解普及を訴え、障がいを持った子供たちが輝いて暮していけるような活動をしていきたい」と、意気込みました。

★久慈・子どもと成長する親の会からふる
事務局メールアドレス kuji.colorful@gmail.com


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

エリア特派員について

 

2011年3月
« 2月   4月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

アーカイブ

Link

岩手さん.com