4月 8th, 2011 | No Comments »

震災の日から、もうすぐ一ヶ月。
被災され、ご家族を亡くされた方、家を失われた方のことを思うと、
ほんとうに、胸が潰れるような思いです。

津波の被害が大きかった大船渡市と陸前高田市には、
私も昨年のクリスマスに訪れたばかりでした。
晴れ渡った空と、燦めくような海に抱かれた長閑な港の風景が、いまも眼に浮かびます。
太陽がいっぱいに注ぐ明るいあの町が、津波に壊されてしまったなんて、
信じられません。


けれども、被災地の方は懸命に立ち上がろうとしています。
先の見えない不安のなかでも互いを支え合い、前を向いて歩もうとしている。
自らも被災されながら、困っている人の力になろうと働かれている方もいらっしゃって、非常時に在っても自然と他者を気遣う東北の人の心の逞しさに、
日本のみならず世界中の人々が感嘆の声をあげています。


私はいま、宮沢賢治のことを、思わずにはいられません。
賢治は、岩手県の花巻の出身。賢治が生まれた1896年は、
三陸地震津波と陸羽地震の発生した年で、岩手県にも甚大な被害がありました。
被災地で赤ん坊が生まれたというニュースをこの頃も耳にしますが、
賢治自身も、被災地の子でした。
自然を畏れ、天や大地と感じ合いながら、人の幸せを願った賢治の出発点は、そういうところにあったのだと思います。
賢治のなかにある優しさや、闇を突き抜けていく燃えるような晴れやかさは、
被災地で立ち上がろうとしている岩手の人の気質と無縁ではありません。


このひと月で、東京もだいぶ変わりました。
節電モードで、街がひっそりしている、その落ち着きもありますが、
都市の趣きだけでなく、人の心も変わってきていると感じます。
物質的豊かさに溺れ、見えなくなっていた大切なものが、
少しずつ見えるようになってきています。
絆の大切さ、家族の大切さ、命の大切さ…
そうやって言葉にできないこともいっぱい、感じられるようになってきています。
多くの人が、自分にできることを探そうとしています。
こんなふうに日本中が心をひとつにしたのは、戦後復興の時代以来なのかもしれません。


たぶん、日本人は誇りを失いかけていたのです。
ながびく不況で自信をなくし、この国の将来にも明るい展望を持てずにいました。
けれども、いま、東北の人々の姿を見て、日本人は再び誇りを取り戻そうとしています。
そのことが、なぜかとても確かに感じられます。
全国の人が、被災地へ援助の手を伸ばすことをとおして、
失いかけていた大切なものと、繋がろうとしているのだと。
私自身もそうです。


いま、東北は、日本のハートです。


被災された方の哀しみの大きさは、はかりしれません。
どんな慰めの言葉も、現実の重みのまえでは虚しいものと思います。
けれども、日本のハートは強靱で、そこには誇りがあります。
それがこれからの私たちを導く、希望だと感じます。


きっと、報道にはたくさんの真空地帯があり、
取り残されたような気持ちを味わっていらっしゃる方もおられると思います。
多くの方が、時が経って忘れ去られるということを
不安に思っていらっしゃることでしょう。
けれども、今回の震災は、被災地だけの問題ではありません。
これは、日本人全員に架せられた、大きな試練だと感じます。
日本人は真価を試されている、そんな気がしてなりません。
ここで、私たちがしっかりと地に足をつけて、
被災地の復興を持続的に支えていくことができれば、
数年後には、日本人はいくつも階段をのぼって精神的にも成熟し、
大切なものを理解することのできる国民になっているのではないでしょうか。
日本はふたたび自信を取り戻し、世界から尊敬される、
本当の意味で豊かな国になれるかもしれません。


亡くなられた方のためにも、生き残った人は、
これまでよりもずっと熱心に生きなければならないのだと思います。


大きな哀しみの先には、必ず大きなよろこびがある、そう信じています。
私も、岩手のハートと、ずっと繋がっていきたいと思います!

 ***

「僕はもうあんな大きな暗の中だってこわくない。きっとみんなのほんとうのさいわいをさがしに行く。どこまでもどこまでも僕たち一緒に進んで行こう。」

                            宮沢賢治『銀河鉄道の夜』

Posted in その他
indexmebaby.tk