20 Sep遠野郷八幡宮例大祭

 今年もまたこの季節がやってきました。南部流鏑馬が奉納される遠野郷八幡宮(遠野市松崎町)の例大祭です。
八幡さまについては、ホームページを見ますと「由緒は詳らかではない」という記述もあり、ここでふれると長くなりそうですので割愛しますね。興味のある方はコチラをご覧ください。

 さて、流鏑馬は12時30分から行われました。
 まずは笙(しょう)や篳篥(ひちりき)で雅楽を奏しながら、神職、総奉行、射手奉行、介添奉行などが馬場を一周して清めます。

そして射手奉行の発馬となります。今年は2人でした。
射手奉行が射終わると介添奉行が「よう射たりやー」と的を確認して称えます。これは、遠野南部流鏑馬独自のものなのだそうです。



 土を蹴り上げながら颯爽と駆ける馬と、その上で弓を射る射手奉行、あるいは扇を高々と掲げる介添奉行は何度見てもカッコイイものです。

 流鏑馬の後には「馬場めぐり神事」、「芸能奉納」が行われました。
 「芸能奉納」にはしし踊りなど6団体が出演しましたが、そのトップは、釜石から特別出演の桜舞(おうぶ)太鼓でした。拠点である釜石市唐丹町も海のそばのまちで、3月の大震災で練習場や太鼓の流失、そしてメンバーの一人を亡くすという悲しい経験をされたそうです。そのお話しは直接は伺いませんでしたが、おそらく、家や仕事など個々人の被害もあったのではないかと思います。
 でも、そんなつらい思いを吹き飛ばさんばかりの力強い太鼓の演奏が、とてもすばらしかったです。
桜舞太鼓ホームページ



今年の例大祭は、流鏑馬の前の例祭式で3月11日の東日本大震災の復興祈願が行われ、犠牲者の慰霊の舞も奉納されたようです。拝殿のところには、「大震災復興祈願祝詞」と書かれた紙が置いてありました。
「ご家庭で…」というようなことが書いてありましたので、一枚いただいてきました。
「一般の人にもなるべくわかりやすいように心掛けた」という文章が、とても心に響きます。前に、とあるところで別の神社の祝詞を聞いていたら、「マグニチュード」ということばが耳に入りました。一般には難解かもしれない祝詞ですが、わたしたちの近くにあるものなのだなぁと思いました。


遠野郷八幡宮の祝詞は、現在、HPでも公開されています。http://www.tonotv.com/members/t8man/大震災復興祈願祝詞.pdf

みんなの祈りが神さまに届きますように。

Leave a Reply