06 Febつばきまつりと三鉄

 順番は前後しますが、前にアップしたシチュー列車の前に、釜石から盛まで三鉄に乗りました。「つばきまつり号」でした。

 1月23日から3月27日まで、大船渡市の「世界の椿館・碁石」で「つばきまつり」が行われます。それとタイアップした車両です。
 先頭のヘッドマーク(っていうんですか? 前の写真)のほかに、車内には椿(造花)の飾りつけもされています。お花があるとなんだか華やぎますね。

 そして、先日は「世界の椿館・碁石」(大船渡市末崎町・碁石海岸の近くです)に行ってきました。

 いろいろ咲いていましたよ。
 縁取りがあるのや

 まだ咲く途中なのでしょうけど、かわいいですねー!

 これはアヒルの口みたいで

 こちらは葉っぱが金魚みたいです(中央)

 これはエライ長い名前。ポルトガル語なのか、なんのことやらさっぱり…。
覚えられそうもありません。

 咲き方も一重、八重から千重、二段咲き、椀咲き、筒咲き、ラッパ咲き…まだまだいろいろありました。時期によって咲いている種類が違うので、何度か行ってみないと全部の花は見られません。

 椿館を存分に満喫するには、説明してもらうのが一番! 私も花全般に興味はありますが椿のことは何も知らない状態で行きましたが、予想以上に楽しく、引き込まれて見てきました。知るということはこんなに楽しいものなのですね。
 お話しを聞きたい方は、館内でスタッフさんに声をかけてみてください。

 3月19・20日はリアスホールで「全国椿サミット三陸・大船渡大会」も開催されるそうで、全国から椿愛好者の方々が集まるようです(と椿好きの友人が言ってました)。

世界の椿館・碁石
ホームページ:http://www13.ocn.ne.jp/~goishi/


大きな地図で見る

Leave a Reply