03 Dec三鉄追加情報

 おいしいもの、発見しました!
 鮭とば。最近、三陸鉄道南リアス線の産直列車で販売しています。

 製造者は三鉄友の会事務局長であり、「三陸まるごと体験館」を主宰する熊谷満恵さん。11月の「こえだがき」の回で、三陸駅ホームに柿を吊るしていた方です。

 手軽に買う鮭とばは、保存の関係か塩気が強かったり硬かったりしますが、これは味も食感もソフトで、歯を心配せずに食べることができます(と思います)。もとの鮭の味もするし、お茶漬けにしてもよさそうです。

 今のところ、こんな感じで1本¥1,000です(画像に写っているのは2本です。変更することもあるかもしれません)。大きさがわからないと思いますが、よく見る鮭とばより大きいです。
 鮭が獲れる11月下旬から2月ころまでの限定販売。想像に難くないと思いますが、大量生産はしていません。
 そして、「これ、ください」と買いたい人は、産直列車に乗る必要があります。

 が!

 「ほしかったら電話くれれば…」と満恵さん。産直列車に乗れなくても、「できるだけ」相談に乗ってくれそうです。番号は0192-44-1010(三陸まるごと体験館)。留守していることもあるので、くじけずに。

 それから、来る12月12日には三陸駅前で「賑わい市」が開催されます(9:00~13:00)。第1回を10月に開催し、今度が2回目。フリーマーケットや大声大会、バンド演奏などを予定。温かい甘酒や焼き芋も用意しているそうです。

 このイベント用に貸切列車も用意され、¥500で往復できます。

 ◆盛方面
  盛駅9:15発 → 三陸駅(これが臨時列車)
  三陸駅11:47発 → 盛駅

 ◆釜石方面
  釜石駅11:22発 → 三陸駅
  三陸駅13:03発 → 釜石駅

 心も体もあたたまりそうなイベントです。出かけてみてはいかがですか。

 ところで、12日ころは三陸駅ホームの干し柿、まだなんでしょうかね…???
 すでに柿に手を伸ばした気の早い方もいらっしゃるようですが、今はまだ早いですよー!(笑)

Leave a Reply