アメリカ発!鉄道が結ぶ支援の輪

Posted 3月 20th, 2012 by 味園 史湖

先日、アメリカから岩手を訪れた
マシュー・デイビスさんと
ステファニー・デイビスさんご夫妻にお会いしました。

お二人は以前、北上市にお住まいで、
英語の指導をされていました。

万年筆などのデザイナーでもある
マシューさんは、
アメリカの鉄道模型の趣味サークル
「ジャパン・レイルモデラーズ・オブ・ワシントンDC」の代表もされています。

こちらがマシューさんの手作りの万年筆です。
すごいですね。

今回、お二人は
facebookやSNSを通して知り合った
世界中の方たちからの寄付を元に
沿岸被災地の子供達にプレゼントを届けてきました。

あの有名なうさぎのキャラクター
「ミッフィ」でおなじみ、
絵本作家のディック・ブルーナさんも、
作品をオークションに出品して
寄付してくれたそうです。

同行したのは、釜石や宮古在住の
「岩手鉄道模型仲間の会」の友人たち。
田野畑や宮古など、
沿岸被災地の保育園を訪れました。

岩泉の保育園に行ったときは、
子供たちがちょうどお昼寝中だったそう。
「そばにプレゼントを置いてきました。
寝顔がとてもかわいかった・・・」

そんなことを話していました。

お二人が沿岸被災地を訪れたのは先月のこと。
2月のサンタさんは、
沿岸の子供たちにサプライズプレゼントを送り、
またアメリカに戻っていきました。

マシュー・デイビスさんの連絡先「Pantera Pens」(facebook)

えふえむ花巻「FM ONE」HPもご覧下さいね♪
花巻市大通り なはんプラザ内
(JR花巻駅前)

○リクエストやメッセージはこちらから

○メッセージ宛先(直接送信アドレス)
787@fm-one.net

○FAX宛先 
0198-23-3666

○スポンサーも募集中です!

「復興未来行き」切符

Posted 3月 20th, 2012 by 味園 史湖

今月3/11、JR釜石駅前で行われた
「釜石復興の祈り」では、
こんな行列が出来ていました。

発売されていたのは
この切符です。

東日本大震災で甚大な被害を受けた
三陸沿岸を走る三陸鉄道。

私がJR釜石線「釜石駅」のホームに降り立った
前日の3月10日。

写真の向こう側の階段を下りてくると、
下のように「通行止」の張り紙が貼られ、
こちら側は真っ暗で通行できない状態でした。

しかし、この日は通路もホームも解放され、
いろんな方たちの応援メッセージ、
支援活動の様子などが展示されていました。

この日限定で発売された、
「釜石から復興未来ゆき
~諦めない限り有効」切符は完売。

売り上げは、
三陸鉄道に寄付されるとのことでした。

えふえむ花巻「FM ONE」
花巻市大通り なはんプラザ内
(JR花巻駅前)

○リクエストやメッセージはこちらから

○メッセージ宛先(直接送信アドレス)
787@fm-one.net

○FAX宛先 
0198-23-3666

○スポンサーも募集中です!

センバツ明日開幕!頑張れ花巻東!

Posted 3月 20th, 2012 by 味園 史湖

いよいよ明日21日、
第84回選抜高校野球大会開幕ですね。

岩手県代表は、地元、花巻東高校です!

きのうも今日も雪が降り、
寒さがぶり返した花巻市内です。

花巻東が登場するのは、
明日の大会初日・第3試合。
対戦相手は大阪桐蔭です。

「みちのくのダルビッシュ」と呼ばれる
花巻東の大谷翔平投手と、
「浪速のダルビッシュ」と呼ばれる
大阪桐蔭の藤浪晋太郎投手が登場。

楽しみですね!

私はもともと熱烈な野球ファン、
甲子園ファンというわけではなかったのですが、
2009年の夏の甲子園、
菊池雄星さん(現・埼玉西武ライオンズ)たちが
準決勝まで進んだ年の花巻東の試合を観て、
すっかりファンになってしまいました。

とにかく粘り強い。
点を取られたら取り返す。
劣勢でも決してあきらめない。
そしてみな、笑顔を失わない・・・!

涙を流しながら見た、
そしてチームの選手の名前を全員覚えてしまった、
初めての甲子園の試合でした・・・。

私の周りにも、花巻東の試合ぶりを見て
「あれ以来ファンになっちゃった」
「甲子園まで観に行っちゃった」
という人が何人もいます。

明日はどんな試合になるんでしょうね。
頑張れ~花巻東!!

えふえむ花巻「FM ONE」
花巻市大通り なはんプラザ内
(JR花巻駅前)

○リクエストやメッセージはこちらから

○メッセージ宛先(直接送信アドレス)
787@fm-one.net

○FAX宛先 
0198-23-3666

○スポンサーも募集中です!

釜石復興の祈り

Posted 3月 15th, 2012 by 味園 史湖

東日本大震災から1年。
皆さん、どんな風にお過ごしになられたでしょうか。

私は3/10~12まで釜石に行ってきました。

3/11にJR釜石駅前で行われたのは
「釜石復興の祈り」というセレモニーです。

釜石市や、地元の「釜石復興の風プロジェクト」、
そして北海道や宮城、東京など、
いろんな地域から来たボランティア団体の皆さんが参加。

釜石駅前に設置された「復興の鐘」の周りには
沢山のキャンドルが並べられました。

私はこの日、司会と朗読をさせていただきました。

内陸部に住んでいると、
沿岸部は暖かいというイメージがあるのですが、
前日の10日も11日も、
釜石は雪が降ったりやんだりのお天気で、
手袋をしているのに、
まるで指を刺されているような寒さでした。

去年の震災のときもこんな天気だったとのこと。
水に濡れた方たちが、
大地震や止まらない余震、
あの津波の恐怖だけでなく、
どんなに寒く、
つらい思いをされたかということを
改めて感じました。

「1年たった。でも、心の復興はまだだ」

地元の方が仰っていた言葉が
耳に残りました。

えふえむ花巻「FM ONE」
花巻市大通り なはんプラザ内
(JR花巻駅前)

○リクエストやメッセージはこちらから

○メッセージ宛先(直接送信アドレス)
787@fm-one.net

○FAX宛先 
0198-23-3666

○スポンサーも募集中です!

地吹雪の日

Posted 2月 28th, 2012 by 味園 史湖

昨日の花巻は、午前中から
あちこちで地吹雪を見かけました。

こちらは午後撮った写真です。
手前の方、湯けむりのように
雪が舞っているのがわかりますか?

場所は花巻市湯口エリア。
花巻の中心部から花巻南温泉郷に向かう道です。

風が吹くたびに田んぼの中に舞い上がる
地吹雪のカーテン。

写真ではわかりにくいと思うのですが、
実際は湯けむりと言うようなのどかなものではなく、
口は開けない、外を歩けない、
車の窓ももちろん開けられない。

パウダースノーがキラキラ光りながら
すごい勢いで横に流れて行く(飛んでいく?)様子は、
なかなか迫力がありました。

通りがかりに見ると美しい光景ですが、
この地域に住む知人曰く、
「いや、この地吹雪はなかなかつらいよ」

確かに天気が良くても洗濯物が干せませんね。
家の外に出るだけでつらそうです。

岩手に来て11年ほど。
場所にもよるのでしょうが、
街中のあちこちでこんなに地吹雪を見たのは初めてでした。

ちなみに知人に聞いたところ、
岩手では、
地吹雪が「吹ぐ(ぅ)」って言うんだそうです。

2月終わりの花巻の風景でした。

えふえむ花巻「FM ONE」
花巻市大通り なはんプラザ内
(JR花巻駅前)

○リクエストやメッセージはこちらから

○メッセージ宛先(直接送信アドレス)
787@fm-one.net

○FAX宛先 
0198-23-3666

○スポンサーも募集中です!