pic
http://youtu.be/1I3t6ybT4jo http://youtu.be/oKtkhoib-BA 東京駅の65のレストランとショップが団結し、岩手の復興応援を目的とする「ニッポンおいしいフェア~岩手復興応援編vol.2」が3月16日まで開催されました。これは、岩手の食材を使ったオリジナルメニューを東京駅のレストランゾーンやエキナカ商業施設で展開するもの。昨年10月から11月にかけて行われた企画の第2弾でした。  このとき使われた食材は、いわて短角牛、ほうれんそう、ラズ...
pic
http://youtu.be/oKtkhoib-BA 岩手の工房の個性ある作品とそのつくり手たちと出会えます。 今年は【高田松原の「マツ」でつくる】をテーマに各工房の作品も展示されます。 会期/11月5日(土)10:00~17:00      6日(日)10:00~16:00 会場/岩手県公会堂2F 21号・26号室 主催/いわて木の工房会 お問合せ/おりつめ木工 和山 忠吉 ...
pic
今回ご紹介する「心の復興支援事業」は、テレビなどでよく耳にする、子どもたちの心ケアではありません。  大人や家族を中心とするものであり、また発達障害(アスペルガー・ADHD・高機能広汎性発達障害その他自閉症スペクトラムに属する人々)を持っている当事者の当事者による当事者のための、講演会とワークショップです。  わたしはあの震災後、避難所に入らない方たちがいることを聞きました。避難所に入らない理由は...
pic
pic
10月22日土曜日、いわて県民情報交流センターアイーナ4階の県民プラザにおいて、「三陸を応援!第3回復興バザー」が開催されます。  今回で3回目となるこのバザーは、アイーナの全施設が一体となり、バザーを通じて被災地を応援しようという催しで、被災された方々が商品を持ち込み販売する『被災地からの販売ブース』、個人参加による『個人出店者ブース』、そしてアイーナ館内の施設から提供された品を販売する『アイーナブー...
10月

01

9月

30

これも募金箱

盛岡市西口の複合施設アイーナの5階ギャラリーで、「あ、いいな。募金箱展」が開かれています。主催は、社団法人日本グラフィックデザイナー協会(JAGDA)岩手地区。同展は、同協会の会員で岩手を拠点に活動するグラフィックデザイナーとコピーライターが、デザインの力で東日本大震災の被災者を支援できないかと考えて企画・立案した岩手発信の展覧会です。展示作品は30点。特別参加として、盛岡情報ビジネス専門学校の生徒による作品も並んでいます。
 作品は、「どんなデザインだと募金したくなるか」を考えて制作されました。制作者と鑑賞者のコミュニケーションを図りたいという意向から、「いいな!」と思った作品には実際に募金することができ、募金は日本赤十字社を通じて被災地に送られます。また、作品は展覧会終了後、希望に応じて提供する場合もあるとのことです。
 募金箱といっても、作品は千差万別。透明のアクリルの箱にお金を入れると、障害物をすり抜けながら落ちる仕組みの募金箱は、まるでゲーム感覚。途中でひっかかってしまうこともあり、ついつい何度も挑戦したくなる仕掛けが楽しい作品です。お椀が重なった形の作品は「わんこin,プリーズ」というタイトル。そう、「one coin, please」ですね。そして、時計の針が回り続ける「期限のない募金箱」、「あなたのエールが届きます」というメガホン型のものなど……。作者それぞれの個性が光ります。
 開催は午前10:00~午後4時、10月5日(水)まで。お気に入りの募金箱を見つけて、楽しく募金をしてみてはいかがでしょうか。


アイーナ・いわて県民情報交流センター

大きな地図で見る

5F 展示室1

9月

27

この夏、宮古市田老に、アメリカから贈られたソーラー式街灯が設置されました。そこには、日米をつなぐ絆がありました。
 それはアメリカ出身で現在は京都市に住むステファン・バイメルさんと田老にある常運寺の高橋住職。学生時代、ヒッチハイクの旅をしていたバイメルさんは、高橋住職の父である前住職の好意で常運寺に泊めてもらったことがありました。そのことを忘れず、自身が旅行業を営むようになってから、禅や日本の伝統にふれたいというたくさんのアメリカ人やオーストラリア人を常運寺へと案内。高橋住職は、バイメルさんが紹介するツアー客を受け入れて親交を深めました。震災後、アメリカのソーラー式街灯の会社オーナーから、バイメルさんを通じて「被災地に街灯を寄贈したい」という申し出があり、田老での設置が実現したのです。
 田老第一中学校の体育館入り口とグラウンド正面で設置作業が進められていると、日曜日ということもあり親子連れや小学生がサッカーを始めました。子どもを送ってきたお母さんは、「これから陽が落ちるのが早くなるから、こういう街灯があると安心ですね」と話していました。また、グリーンピア三陸みやこに建設された仮設住宅の入り口では、お母さんたちが「ここは真っ暗で本当にこわいのよ」「街灯がつくと、駐車場の入り口もわかりやすくなるからいいですね」と口々に話し、街灯がつくのを喜んでいました。
 作業を見守っていた住民から、「こうして遠い国の人が、街灯が必要だろうと気づいて送ってくれるというのは本当にありがたい。よそで同じようなことがあったとき、俺たちは気がつけるだろうか…。今回のことで、いろいろなことに気づかされたし、たくさんの支援を本当にありがたいと思います」という声も聞かれました。
 人と人の絆から生まれた支援。アメリカと日本、田老があたたかい気持ちでつながりました。設置作業をボランティアで行った宮古市の佐藤解体という会社は、震災直後から田老に入り、がれきを撤去をしていました。そうしたたくさんの人の気持ちが、地域と地域の人の心に灯りをともすことに…。はるばるアメリカから届けられたソーラー式街灯は、田老を優しく照らしてくれるでしょう。

9月

24

9月

16

Info

© Copyright 2018 - 事務局が行く! | Made by AppChain.com