pic
http://youtu.be/1I3t6ybT4jo http://youtu.be/oKtkhoib-BA 東京駅の65のレストランとショップが団結し、岩手の復興応援を目的とする「ニッポンおいしいフェア~岩手復興応援編vol.2」が3月16日まで開催されました。これは、岩手の食材を使ったオリジナルメニューを東京駅のレストランゾーンやエキナカ商業施設で展開するもの。昨年10月から11月にかけて行われた企画の第2弾でした。  このとき使われた食材は、いわて短角牛、ほうれんそう、ラズ...
pic
http://youtu.be/oKtkhoib-BA 岩手の工房の個性ある作品とそのつくり手たちと出会えます。 今年は【高田松原の「マツ」でつくる】をテーマに各工房の作品も展示されます。 会期/11月5日(土)10:00~17:00      6日(日)10:00~16:00 会場/岩手県公会堂2F 21号・26号室 主催/いわて木の工房会 お問合せ/おりつめ木工 和山 忠吉 ...
pic
今回ご紹介する「心の復興支援事業」は、テレビなどでよく耳にする、子どもたちの心ケアではありません。  大人や家族を中心とするものであり、また発達障害(アスペルガー・ADHD・高機能広汎性発達障害その他自閉症スペクトラムに属する人々)を持っている当事者の当事者による当事者のための、講演会とワークショップです。  わたしはあの震災後、避難所に入らない方たちがいることを聞きました。避難所に入らない理由は...
pic
pic
10月22日土曜日、いわて県民情報交流センターアイーナ4階の県民プラザにおいて、「三陸を応援!第3回復興バザー」が開催されます。  今回で3回目となるこのバザーは、アイーナの全施設が一体となり、バザーを通じて被災地を応援しようという催しで、被災された方々が商品を持ち込み販売する『被災地からの販売ブース』、個人参加による『個人出店者ブース』、そしてアイーナ館内の施設から提供された品を販売する『アイーナブー...
6月

28

岩手には、国指定無形文化財の民俗芸能が6つあります。特に早池峰神楽は全国的にも知られており、夜通しで神楽が行われる日には、全国から沢山の人達がやってきます。しかし、国指定になっていないものも沢山あります。
 6月11日に行われた三陸復興祈願祭においては、山田町の不動尊神楽が奉納されました。
今でも地域の神社には、神楽殿があります。以前はどんなに小さなお祭りでも必ず神楽がありました。しかし、最近の祭りで神楽を見る事は、本当に少なくなったように思います。
 ところが、岩手の沿岸ではお正月からの約二ヵ月間の間、寝泊まりしながら各地区を神楽が廻る巡業も行われています。神楽の他に、鹿踊り、念仏剣舞、虎舞などがあります。(初めて聞く人は獅子舞じゃないの?と思われるかもしれませんが、獅子ではなく、虎なのです。)
 しかし、3月の震災において沿岸地域は、思いもよらないほどの甚大な被害を被りました。それは生活基盤を失ったということはもちろん。今まで脈々と受け継がれてきた、伝統芸能においても同じでした。
 生活もままならないのに、芸能?と思われる方。また、それぞれの芸能を受け継いできた方々においては、ここで絶やしてはいけないという思い。沢山の葛藤があると思います。復興祈願祭でもそれぞれの団体の方のあいさつで「全て流されました」という言葉。「今日は、いつもとは違う頭を持ってきました。」という話を聞くと、そんな中でも、こうして力強く舞ってくれるのだなという思いが湧いてきました。
 このまま地域の伝統は消えてしまうかもしれない。そんな思いの中、岩手三陸沿岸の民俗芸能を応援しようと、ふるさと岩手の芸能とくらし研究会(代表 吉田隆一)では「とりら 岩手三陸民族芸能の応援募金」を行っています。募金はそれぞれの団体へのお見舞いや楽器、装束の購入費などに使われ、順次blogとりらで報告がされています。
 テビラガネに、笛や太鼓の音、同じ物を使っていても、同じ調子のものはなく。それはいわゆる各地域の音なのだと思います。ふるさとの音を一日でも早く取り戻せるよう願わずにはいられません。

Blogとりら:http://torira.exblog.jp/
とりら 岩手三陸民族芸能の応援募金:http://torira.exblog.jp/16022642/

6月

28

 6月11日第二土曜日「チャグチャグ馬コ」の日。盛岡にある櫻山神社で、三陸復興祈願祭が行われました。当初この祈願祭は、今回の震災で被災した方達を元気づけようと、盛岡の櫻山神社「奉賛会」が、被災者を招待という形で行われる予定でした。ところが、沿岸の方達とお話を重ねるうち、「いつまでも、みなさんの厚意に甘えてばかりいられない。私たちの感謝の気持ちを支援いただいた皆さんに伝えたい。」ということから、今回の三陸復興祈願祭が行われた。
 そして櫻山さんの境内は沿岸地区から鮮魚・イカ焼き・お菓子・アイスといった物産の販売も行われ沢山の人達で、ごった返しました。
 復興祈願祭には、山田町の八幡大神楽、不動尊神楽やお正月など角付に行われる八木節。大槌町の白澤鹿子踊り、虎舞、南部俵積みが奉納されました。実は沿岸の郷土芸能を生で見たことがなかったので、私はびっくり!!お囃子にすごく活気があり、それぞれの踊りに勢いがありました。そして、若い人が多いこと。見ていて力が湧いてきました。
 見に来ている人達は、「出身が山田なんです。櫻山さんで見れると聞いて来ました。」とか「あらぁ~お久しぶりですぅ。」と、挨拶を交わす明るい声が聞かれました。


 

6月

20

6月11日(土)。三陸復興祈願祭が行われた盛岡桜山神社の境内では、沿岸地域の物産展も開催されていました。天然と書かれた大きな鯛に、キャンバ(朴の木の葉)のような大きなかりんとう。海藻アイス。奇跡の松をモチーフにしたTシャツと様々なものが販売され、沢山の人で賑わっていました。その中に何故かTOKYO RUSKの文字。岩手でTOKYOとはコレ如何に?
 商品を手にとってみると販売元には(株)グランバー。そして東京の住所が・・・。しかし、このラスク、釜石で作られていたんです。もちろん釜石の他に千葉や静岡(今年6月オープン)にも工場がありますが、都内を中心に直営店19店舗を数える会社の商品が、岩手で作られているというのは驚きました。
 食べてみると、サクサクとした食感と、ふわぁ~っとした優しい甘さに、食べ終わると、すぐ次に手を出してしまう商品です。
 TOKYO RUSKと書かれているだけあって東京でしか買えないのでしょうか?と聞いてみると、「県立釜石病院近くの工場で、毎週土曜日午前10時~午後2時まで販売していますよ。そして、近々、釜石ラスクも販売する予定です。」と教えてくださいました。
 わたしが購入したのは、シュガー、プレミアム・アマンド、セサミの三種類ですが、同じタイプのものには、この他にメープル、アールグレイ、ガーリック、季節限定はちみつレモンラスクがありますし、他にも一口サイズのコロコロラスクや、きなこなどを使った和らすくなど、いろんな味とタイプがあり、これから販売すると言っていた釜石ラスクがどんな商品になるのか、期待せずにはいられない逸品です。
 また、6月26日(日)には、盛岡駅前でのイベントに出店するとのこと。釜石まで行けないわという方は、ぜひ盛岡駅前イベントへGO!!


大きな地図で見る

「東京ラスク」のオフィシャルサイト

5月

30

毎年ゴールデンウィークに、花巻市東和町の成島三熊野神社(なるしまみくまのじんじゃ)の毘沙門まつりで「全国泣き相撲大会」が行われています。全国から男女問わず参加できるこの泣き相撲には、以前、名横綱・千代の富士(現九重親方)のお子さんも参加したことがあるんですよ。
今年、成島三熊野神社の泣き相撲は24回目。遠くは大阪や福島の相馬から参加した、豆力士もいて、5月3日~5日までの期間中は元気な泣き声が響いていました。
全国に泣き相撲と呼ばれるものがいくつかありますが、勝敗はその土地土地で違うようです。ここの相撲の勝敗は「泣けば負け」。ところが泣きが足りないと物言いがつくという代物。負けたんだから何もそこまで・・・と思うかもしれませんが、神様を喜ばせる神事でございます。そこのところはご了承ください。
それでは、すばらしい泣きっぷりをご覧ください。

8月

02


だんこんだらスこ だこスこだん だこだんカトカと 
だらスこだん カトカトカと
だらスこだん カトカトカと

盛岡の夏は太鼓の音で始まる。6月に入ると太鼓の練習の音が聞こえ始め、7月になるとその音はどんどん大きくなり、まるで雷鳴のようにも聞こえる。そのせいだろうか8月1日から4日間にわたって行われる盛岡の夏祭り「盛岡さんさ踊り」は、雨と仲がいい。
 しかし、今年は違った。あぢぃ。とにかく、あぢぃ。浴衣を着るときから、背中を汗がつぅーっと流れ、集合場所に集まるときには浴衣はしっとりと体になじんでいた。

「こんなに汗かくって、やっぱ緊張してるのかなぁ」

緊張するのも無理のないこと。今年は、記念すべき33回目である。「半端な回数なのに、なにが記念なのか?」と思うかもしれない。盛岡さんさ踊りの「さんさ」という名の由来は、「33通り」の踊り方があるからとも言われている。「33通り?」と思われるかもしれないが、地区によって踊り方が少しずつ違い、それを合わせると33通りということらしい。
 その上、わたしの「さんさデビュー」の年である。緊張したって当然だ。でも、どうせ参加するなら、花笠をかぶって色とりどりの腰帯を揺らして踊る「伝統さんさ」で参加したいと思い、知人のつてを頼って「太田まなづる(まなづるは、倉に鳥と書きます)」さんにご厄介になり、7月から週2回の練習に参加してきた。

最初の3~4回は、まったくお話にならなかった。お手本になる人の手を見ていると足が合わない。なんたって周りはずっと伝統さんさを踊ってきた人たち。手を上げるだけでも柔らかく、身体がしなやかに動く。それに対し、こちとらボキボキづい(方言です。要するに、動きがギクシャクしているのです)、ド素人。まるで折れた物干し竿みたいだ。練習のときから緊張しまくりで、ひと踊りすると、私だけ滝に打たれたような汗をかく。
 通常、祭りのパレードで踊るのは1番~4番と呼ばれるもので、2番~4番はその振りに特徴がある。2番は「七夕くずし」と呼ばれ、横を向いたとき両手を上下に合わせて叩く振り。3番は「栄夜差(えいやさ)」と呼ばれ、横を向いたとき顔の前で輪を描く。4番「福呼(ふっこ)」は、踊りの最初と最後にお辞儀が入り、横を向いたとき手をキラキラと振る感じの踊りだ。それぞれの振りのときの掛け声も違うが、ちょっと間違ったって、「あれ? やっちゃった」くらいのノリで、なに食わぬ顔して踊ってしまえば、なんとなく踊れてるぞ、という錯覚に陥る。そして、そう思えるようになると、手と足が動いてくる。

そして本番。憧れの花傘。憧れの七色の腰帯。イメージは左右に大きく揺れる腰帯……だったが、とんでもない。パレードの間じゅう、自分の腰帯が揺れてるかなんて全然わかんないし、沿道にいる観光客の人たちに圧倒されて顔はひきつるし、汗はダクダクだし、草履は脱げるしで、いやぁ~、てぇへんだぁ~。それでも、太鼓の音が聞こえると、手と足が動く。あたし踊れてるぅ? なんて悦に入ったりして(笑)。パレードの半分もいかないうちに、周りに人がいるってことより、自分の踊りの手の挙げ方とか、腰の落とし方とかの方が気になってくる。「観て観て!」というよりは、「自分が納得する踊りがしたい」と思えてくるのだ。だから踊っている途中、手の振りをちょっと変えたり、足のさばき方を変えたりと、色気を出してしまう。意外とアレンジ出来るんだと、パレード参加中に発見してしまった。

しかし、落とし穴があった。輪踊りである。パレードが一通り終わると、沿道の人も参加自由の輪踊りタイムになる。この輪踊りがクセものだ。パレードはずっと前に進むから、体の軸をひとつの方向に向けて踊ればいい。しかし輪踊りには、隣の人の背中を見て進むときと、輪の中心を向くときがある。そのせいで、どこでどう向けばいいのか、とっ散らかってしまうのだ。「あれ、進まないの」とか、「おっ? 進むんだった」とか……。借り物の格好なだけに、人より目立ってしまう。それでも、やっと歩きだしたような小さな子どもたちと一緒に踊ったり跳ねたりするのが、すごく楽しい。間違おうが何しようが、ここぞというポイントで元気よく跳ねれば、それでOKだ。

さんさって33通りどころでない、わんさか踊り方があるのかもしれない。ぜったい来年も出るぞ!! 今の気分は、こんな感じ。

幸呼来ぁ~ ちょいは やっせ! 
(さっこらぁ~。さんさ踊りの掛け声です、蛇足ながら……)。

Info

    You are currently browsing the archives for the 祭り category.

© Copyright 2018 - 事務局が行く! | Made by AppChain.com