pic
http://youtu.be/1I3t6ybT4jo http://youtu.be/oKtkhoib-BA 東京駅の65のレストランとショップが団結し、岩手の復興応援を目的とする「ニッポンおいしいフェア~岩手復興応援編vol.2」が3月16日まで開催されました。これは、岩手の食材を使ったオリジナルメニューを東京駅のレストランゾーンやエキナカ商業施設で展開するもの。昨年10月から11月にかけて行われた企画の第2弾でした。  このとき使われた食材は、いわて短角牛、ほうれんそう、ラズ...
pic
http://youtu.be/oKtkhoib-BA 岩手の工房の個性ある作品とそのつくり手たちと出会えます。 今年は【高田松原の「マツ」でつくる】をテーマに各工房の作品も展示されます。 会期/11月5日(土)10:00~17:00      6日(日)10:00~16:00 会場/岩手県公会堂2F 21号・26号室 主催/いわて木の工房会 お問合せ/おりつめ木工 和山 忠吉 ...
pic
今回ご紹介する「心の復興支援事業」は、テレビなどでよく耳にする、子どもたちの心ケアではありません。  大人や家族を中心とするものであり、また発達障害(アスペルガー・ADHD・高機能広汎性発達障害その他自閉症スペクトラムに属する人々)を持っている当事者の当事者による当事者のための、講演会とワークショップです。  わたしはあの震災後、避難所に入らない方たちがいることを聞きました。避難所に入らない理由は...
pic
pic
10月22日土曜日、いわて県民情報交流センターアイーナ4階の県民プラザにおいて、「三陸を応援!第3回復興バザー」が開催されます。  今回で3回目となるこのバザーは、アイーナの全施設が一体となり、バザーを通じて被災地を応援しようという催しで、被災された方々が商品を持ち込み販売する『被災地からの販売ブース』、個人参加による『個人出店者ブース』、そしてアイーナ館内の施設から提供された品を販売する『アイーナブー...
8月

11

岩手さん.com(いわてさん ドット コム)では今、「いわてWebコンテンツグランプリ」の参加作品を募集しています。

岩手さん.com(いわてさん ドット コム)とは、県民総参加型のサイトを目標として、今までの情報を受け取る側だった人たちにも、当サイトを活用し情報発信していただこうというウエブページです。
 そして、みなさんに参加してもらうため、今回「いわてWebコンテンツグランプリ」を企画いたしました。
 この「いわてWebコンテンツグランプリ」には、「フォト部門」「CG・キャラクター部門」「ビデオ部門」「音楽部門」「Webリポート部門」と5つの部門があって、それぞれ自分で撮影したり、作成した未発表の作品を募集しています。

何といっても狙い目は「Webリポート部門」。「フォト部門」「CG・キャラクター部門」「ビデオ部門」「音楽部門」は岩手の魅力をアピールしてください。とのくくりがありますが、Webリポートに関しては、テーマは自由。
えぇ~、自由って一番むずかしいよぉ~
どんなこと?ダメだしされんじゃないのぉ~?
そんなことはありませんよ。
そこで、ちょっとした例を紹介します。

7月29日木曜日。紫波第一中学校の一年生を対象に行われた「ゆうごうセミナー」にお邪魔してきました。ここでは、いくつかの講座に別れ、地域の人たちが先生となり授業(セミナー)をします。今年で10回くらいになるでしょうか?今年はスポーツチャンバラ、フラワーアレンジメント、ハーブ、IT、着付け、お茶、尺八、ビーズ、グランドゴルフ と9つの講座が開かれました。

この内ITの講座に行って、今日の作品をWebリポート部門に応募して下さい。と宣伝してきました。ここではカレンダー作りをしていて、まず初めはカレンダーに貼りつける素材撮影。カメラを持って構内を歩き、あじさいの花や、掲示されているポスター、ほかの講座の教室風景をいろんな角度から撮影していきます。

傍から見ているわたしとしては、「へぇ~、そこから映すんだ。」とか「あら、意外と無難にまとめようとしてるわねぇ。」なんて思いながら、みんなの撮影風景をチラ見していました。

みんな静かに粛々と作業をしていました。さぁてどんな作品ができたかな?
みんなの作業を見ていたら、作ってみたくなり、教室の入り口に貼ってあった金魚で作ってみました。


Q:ん?カレンダーでいいの?
A:なんでもいいのよ。
Q:パソコン苦手なんだけど・・・
A:手書きでOKよ。絵日記でもビデオでも、写真やイラスト。はたまた、これを組み合わせてもOKです。

みんなが体験したことや、不思議に思って調べたことなど、楽しかったことも、そうじゃなかったことも、みんなの言葉で送ってください。
お待ちしてます。

詳しくは こちら

7月

07

岩手さん.comでは現在、「いわてwebコンテンツグランプリ」の作品を募集中である。
 「webコンテンツグランプリって何?」と、疑問に思う方もいることだろう。この企画は、多くの岩手県民、または岩手にゆかりのある方々が、気軽にWeb上で情報発信することを目的としている。テレビの視聴者投稿が、webに置き換わったと思えばイメージが湧きやすいかもしれない。

Mr.Okano

アルファベットとカタカナのハイカラなネーミングに合わせ(?)、それぞれの部門の審査員もバラエティに富んだ素晴らしい布陣だ。グラビア撮影やCDジャケット撮影などを手がけている写真家・尾形正成氏。女優で脚本家でもある近衛はなさん。岩手のミュージックシーンの草分け的存在の黒沼亮介氏。そして、ハリウッドで活躍するCGクリエイターの岡野秀樹氏である。その岡野氏を迎えて、いわてwebコンテンツグランプリ特別セミナー「メイキング オブ ハリウッドVFX」が去る6月28日(月)、盛岡市内で開催された。

岩手さん.com スタッフも、もちろん参加。「VFXって?」「岡野さんて、どんな人?」「気難しくはないかな?」などと、いろいろなことを想像しながら会場へ。しかし、実際の岡野さんは、背が高くて、スタイルがよくて、偉ぶってなくて、こちらの勝手なイメージとは大違いの人だった。

わんちゃんです

岡野さんの話は、自身が勤める会社「リズム&ヒューズ」のことから始まった。画像で見せてくれた会社の様子が印象的だった。壁にかかるセル画や絵コンテから、映画事業に携わっている会社だということがダイレクトに伝わってくる。クリスマスシーズンには、隅々まで掃除の行き届いた廊下に大きなツリーが飾られている。日本の会社にはない「ゆとり」のようなものが感じられた。仕事場でリラックスできるようにと、愛犬の同伴がOKということにもびっくり。「犬がそばにいると、仕事の上で行き詰ったりしたときにバランスをうまく調整してくれる」のだそうだ。リズム&ヒューズ社が動物のCGに定評があるのは、こういうことも関係しているのかもしれない。

smoke particles

映画に登場させる動物は、粘土で作って形を起こし、同じ映画に関わるスタッフ同士でイメージを共有してから、CGで骨格を作り筋肉を付けていくのだという。そんなことができるなんて、まるで神様のようだと思ってしまった。しかし、動物が歩いたり、物が飛び散ったり、雫が滴り落ちたり……という効果を、実際の物質の大きさや重さを計算して正確にシミュレートしても、それが本物に見えなければ仕事としてはNGだという。現実には重力の関係や、物質の質量の関係で起こらないことでも、映画を観た人がよりリアルだと感じてくれる効果が良い効果で、このことを「VFX=視覚効果」というのだそうだ。

「ナルニア国物語」でライオンが子どもたちとお城の中を歩くシーンや、「ナイト ミュージアム」で恐竜が歩くシーンだけでなく、「ハムナプトラ3」で大きな雪崩が起きるシーン、「ザ・リング2」でバスタブのお湯が飛び散るシーンなど、物質の動きさえも操ってしまうというのは、「もしかしたら、神以上かも」と感じた。しかし、最近3D映画の台頭で、仕事量が倍に増えたということには、「神様」もちょっと閉口気味だった。

そして、会場に来ていた多くの若者への「さまざまな国の人がハリウッドに来て仕事をしていますが、日本人はまだ少ない。この中にハリウッドで仕事がしたいという人がいれば挑戦してほしいし、力になりたい」という岡野さんの熱いメッセージでセミナーは終わった。参加者からは「すごかったね~」という言葉が連発し、中には「今なら私、飛べるよ!」と、目を輝かせて話す姿も見られた。そこにいた人は皆、岡野さんの魔法によって、何にでも挑戦したり、何でもできたり……と、まるで映画の主人公のような気分になったに違いない。

岡野さんが審査する「ビデオ部門」「CG・キャラクター部門」にぜひ応募してください。たくさんの応募をお待ちしています。

6月

17

~ハリウッド在住の日本人クリエイター岡野秀樹氏(リズム&ヒューズ・スタジオ)を迎えて~

主催:岩手めんこいテレビ 企画:めんこいエンタープライズ
後援:岩手県

開催日時:2010年6月28日(月)開場18:00、開演18:30、終演20:00(予定)
会   場:大通会館リリオ3階イベントホール
       住所 岩手県盛岡市大通1-11-8 TEL.019-623-2520
講 演 者:岡野 秀樹 氏(リズム&ヒューズ・スタジオ)
定   員:130名
入   場:無料

メイキング オブ ハリウッドVFX

【参加のご案内】
めんこいエンタープライズでは、「いわてwebコンテンツグランプリ」の開催に関連して、ハリウッドで活躍するCGクリエイターの岡野秀樹氏を迎えての特別セミナーを開催いたします。この機会にぜひ、ご参加くださるようご案内させていただきます。

【セミナー内容】
過去23年間のリズム&ヒューズ・スタジオの作品と、「ハムナプトラ3」、「リング2」、「ハルク2」、「ハッピーフィート」、「ナルニア国物語」、「マーシャル博士の恐竜ランド」など、岡野秀樹氏が関わった過去13年間の映画作品のメイキングをたっぷりとご紹介します。

【岡野秀樹さんプロフィール】
おかの・ひでき
アメリカ、ロサンゼルス市リズム&ヒューズ・スタジオ勤務
シニアテクニカルディレクター/エフェクトアニメーター
略歴
多摩美在学中、ちょっとした間違いで渋谷の専門学校の夜間部でCGを学び始める。
1987年から日本最古のCGプロダクションJGCLでキャリアをスタートさせるも1年で会社は解散。
1988年からは大阪花の万博(EXPO’90)富士通館で上映された世界初フルカラー立体全天周型ドーム映像「ユニバース2」の制作に従事。
1990年ポリゴンピクチュアズに移籍。そこで開発されたスケルトンやパーティクルや3Dペインター等、当時はまだ普及していなかった最新技術を用いた実験的作品を制作。その後フリーランスのCGディレクターとして多くのCMのCGを手がける。
1997年渡米、以来ロサンゼルスのリズム&ヒューズ社においてシニアエフェクトテクニカルディレクターとして主にハリウッド映画のエフェクトを制作している。

主な作品:「筋肉座標軸を求めて」「青春牡丹灯籠」「森永製菓チョコボールTVCMシリーズ」「スピード2」「ソルジャー」「ミステリーメン」「トータルフィアーズ」「X-MEN2」「リング2」「スーパーマンリターンズ」「ハッピーフィート」「ゴールデンコンパス/ライラの冒険」「インクレディブルハルク」「ハムナプトラ3」「特攻野郎Aチーム」

リズム&ヒューズ・スタジオ(Rhythm and Hues Studios):本社をカリフォルニア州ロサンゼルスに置く1987年設立の制作会社。ハリウッド映画やCM のCGとVFXを数多く手がけている。1995年、2008年、アカデミー視覚効果賞を受賞。     1994年、1998年、2008年、サイエンティフィック&テクニカルアカデミー賞を受賞。

【イベントに関する問い合わせ】
「いわてWEBコンテンツグランプリ」事務局
〒020-0866 岩手県盛岡市本宮字松幅91(めんこいエンタープライズ内)
TEL.019-656-3133/FAX.019-656-3134
E-mail contest@iwatesan.com

Info

    You are currently browsing the archives for the いわてwebコンテンツグランプリ category.

© Copyright 2018 - 事務局が行く! | Made by AppChain.com
indexmebaby.tk