pic
http://youtu.be/1I3t6ybT4jo http://youtu.be/oKtkhoib-BA 東京駅の65のレストランとショップが団結し、岩手の復興応援を目的とする「ニッポンおいしいフェア~岩手復興応援編vol.2」が3月16日まで開催されました。これは、岩手の食材を使ったオリジナルメニューを東京駅のレストランゾーンやエキナカ商業施設で展開するもの。昨年10月から11月にかけて行われた企画の第2弾でした。  このとき使われた食材は、いわて短角牛、ほうれんそう、ラズ...
pic
http://youtu.be/oKtkhoib-BA 岩手の工房の個性ある作品とそのつくり手たちと出会えます。 今年は【高田松原の「マツ」でつくる】をテーマに各工房の作品も展示されます。 会期/11月5日(土)10:00~17:00      6日(日)10:00~16:00 会場/岩手県公会堂2F 21号・26号室 主催/いわて木の工房会 お問合せ/おりつめ木工 和山 忠吉 ...
pic
今回ご紹介する「心の復興支援事業」は、テレビなどでよく耳にする、子どもたちの心ケアではありません。  大人や家族を中心とするものであり、また発達障害(アスペルガー・ADHD・高機能広汎性発達障害その他自閉症スペクトラムに属する人々)を持っている当事者の当事者による当事者のための、講演会とワークショップです。  わたしはあの震災後、避難所に入らない方たちがいることを聞きました。避難所に入らない理由は...
pic
pic
10月22日土曜日、いわて県民情報交流センターアイーナ4階の県民プラザにおいて、「三陸を応援!第3回復興バザー」が開催されます。  今回で3回目となるこのバザーは、アイーナの全施設が一体となり、バザーを通じて被災地を応援しようという催しで、被災された方々が商品を持ち込み販売する『被災地からの販売ブース』、個人参加による『個人出店者ブース』、そしてアイーナ館内の施設から提供された品を販売する『アイーナブー...
3月

19

http://youtu.be/1I3t6ybT4jo

http://youtu.be/oKtkhoib-BA

東京駅の65のレストランとショップが団結し、岩手の復興応援を目的とする「ニッポンおいしいフェア~岩手復興応援編vol.2」が3月16日まで開催されました。これは、岩手の食材を使ったオリジナルメニューを東京駅のレストランゾーンやエキナカ商業施設で展開するもの。昨年10月から11月にかけて行われた企画の第2弾でした。
 このとき使われた食材は、いわて短角牛、ほうれんそう、ラズベリーなど7種類。それぞれの店が、見た目にもおいしいメニューを創作して提供しました。今後、大船渡市・綾里のホタテを使ったメニューの提供も計画されているというから、東京駅での「おいしいフェア」は要チェックです。
 「ニッポンおいしいフェア~岩手復興応援編vol.2」のオープニングセレモニーでは、楽しい歌のゲストが登場しました。岩手からは、男女2人のユニット「underpath!」が駆けつけ、地元の魅力をたっぷり盛り込んだオリジナル曲を岩手のゆるキャラ「そばっち」とともに披露。そして、昨年から積極的に被災地支援を行ってきたシンガーソングライターの八神純子さんも美しい歌声で集まったファンの人たちを魅了しました。
 支援活動で岩手に何度も足を運んでいる八神さんは、今ではすっかり岩手の「食」の魅力にはまっていて、「おいしいものがたくさんあって、1日に3食しか食べられないのが残念」と笑うほど。「岩手のものを食べることも支援になるので、ぜひ食べて応援して欲しい」と呼びかけています。
 岩手とご縁が深まった八神さんは、今後も岩手に足を運ぶそう。5月12日には、夕暮れどきの小岩井農場で歌うイベントも予定されているとのこと。こちらのほうも要チェックですね。

10月

27

今回ご紹介する「心の復興支援事業」は、テレビなどでよく耳にする、子どもたちの心ケアではありません。
 大人や家族を中心とするものであり、また発達障害(アスペルガー・ADHD・高機能広汎性発達障害その他自閉症スペクトラムに属する人々)を持っている当事者の当事者による当事者のための、講演会とワークショップです。
 わたしはあの震災後、避難所に入らない方たちがいることを聞きました。避難所に入らない理由は、周りの人たちに迷惑がかかるといけないからという理由でした。中には地震が起きた時、授産施設で作業中だったため、施設全体で、別の場所にある避難所で助け合って生活していた所や、施設よりももっと小さい店舗で4~5人の作業者と支援者で生活していた所があると聞きました。そんな話を聞くと、もっとその人たちと以前から、なんらかの付き合いがあったらと思うこともしばしばありました。
 今回の「心の復興支援事業」は、前出のお話しとも少し違います。
 アスペルガー症候群や高機能広汎性発達障害といった言葉を最近テレビでも聞くようになりましたが、その障害を持つ家族がいるという方に聞いても、ピンとこない障害だと思います。同じ診断名がついていても、個人によって病状はさまざまです。大きな枠の中にA項B項があり、AB共通項がある人もいれば、ない人もいる。それを理解しようとするのは、とても難しく、また、当事者である本人とすれば人とのコミュニケーションが上手くいかず、ヤキモキしているのではないでしょうか。そんなヤキモキしている大人の障害者のために、心地のよい「コミュニケーションを試せる機会」を作っていければということで『成人(大人)発達障害当事者会イイトコサガシ』は2009年10月に東京で、立ち上がったピアサポート(同じような立場の人によるサポート)グループです。
 このイイトコサガシは、東京都内での活動だけでなく、長野、群馬、大阪等(19都府県)でシンポジウムやワークショップを行なっており、岩手では今回で2回目となります。前回(2010年5月15日)、鶯宿温泉では「顔と名前を覚えるワークショップ」「会話によるコミュニケーション能力向上ワークショップ」が行われました。今回は二部構成で一部に講演会とワークショップのデモンストレーション、二部にワークショップが行われる予定で、講演会はADHDのお子さんを持つ母親であり漫画家のかなしろにゃんこさんと文部科学省 初等中等教育局 特別支援教育課 特別支援教育調査官の樋口一宗さんをゲストに「ピアサポート、母親、そして特別支援教育の視点で見た発達障害」が、第二部ではイイトコサガシ・ワークショップが開催される予定です。

日時:2011年11月13日(日)
場所:岩手県公会堂

第一部 14:00~16:00
講演会(ワークショップのデモンストレーションあり)
「ピアサポート、母親、そして特別支援教育の視点で見た発達障害」
料金:500円
定員:120名

第二部 18:00~21:00
会話によるコミュニケーション能力促進(開花)ワークショップ
料金:400円
定員:24名(15歳以上。高校生:保護者同伴。※但し20歳以上の当事者優先)

「講演会」「ワークショップ」どちらも事前申し込みをお願いします。
詳しくはこちら↓
http://iitoko-sagashi.blogspot.com/2011/10/20111113in.html

最後にイイトコサガシの代表・冠地(かんち)さんから皆さんへ

 今回の講演会、ワークショップ共に、当事者の家族、支援者、心理職(学生含む)、療育・教育関係者、ボランティアさん、他当事者会関係者、マスコミ関係者、発達障害に興味のある方の参加大歓迎です。
 イイトコサガシは成人(大人)発達障害当事者だけの会ではありません。むしろ社会に近い形を創っていきたいと考えております。
発達障害の理解に必要なのは、交流でないか?
と、イイトコサガシでは考えている次第です。

10月

19

10月22日土曜日、いわて県民情報交流センターアイーナ4階の県民プラザにおいて、「三陸を応援!第3回復興バザー」が開催されます。

 今回で3回目となるこのバザーは、アイーナの全施設が一体となり、バザーを通じて被災地を応援しようという催しで、被災された方々が商品を持ち込み販売する『被災地からの販売ブース』、個人参加による『個人出店者ブース』、そしてアイーナ館内の施設から提供された品を販売する『アイーナブース』の3つのブースが設けられており、アイーナブースの収益金全額と個人出店者ブースの収益金の一部が、岩手県災害義捐金募集委員会を通して東日本大震災復興のために役立てられます。
 魅力あふれる県産品と復興への思いをこめて集められた商品が数多く販売されるこのバザーに、是非ご家族で足を運んでみてはいかがでしょうか。

[第3回復興バザー]
日時 10月22日(土) 10:00~15:00
場所 いわて県民情報交流センター(アイーナ) 4階 県民プラザ

いわて県民情報交流センター(アイーナ)


大きな地図で見る

9月

05

9月11日に行われるトライアスロン大会「アイアンマン・ウェールズ」に参加するため宮古・カントリーズcafeの伊藤洋さん(49)がイギリスに向け出発しました。
 鉄人レースと言われるこの競技は水泳、自転車、長距離走からなる競技で、伊藤さんが参加するのは水泳3.8キロ、自転車180キロ、長距離走42.195キロを行う、もっとも過酷なものです。岩手でも釜石の根浜海岸で行われているので、ご存じの方も多いと思います。
 伊藤さんは、トライアスロンの練習を2月から始めましたが、3月の震災で一時中断。それでも体力は維持し、今回の大会に参加する運びとなりました。
 「大会前6カ月の練習で体をつくり、ゴールした時の達成感が魅力だ」という伊藤さん。今回の大会には、日本人出場者4人の中で唯一被災地からの参加となります。
 今回参加するにあたり、一緒に練習をしている仲間からの応援、そしてウェットスーツを作ってくださった方々に感謝し、宮古の鉄人が世界に挑みます。
 みなさん応援してください。

7月

04

6月の第二日曜日は早池峰の山開きです。この山開きに合わせ今年も登ってきました。
 登山者が多くなるこの時期(6月の第二日曜~8月第一日曜まで)の土日祝日は、早池峰の登山道入り口を通る県道25号線は、花巻市大迫町内川目・岳(たけ)から宮古市江繋(えつなぎ)までマイカー規制がしかれます。この期間は無料駐車場に車を停め、有料のシャトルバスで登山口へ向かいます。
 早池峰には「河原の坊」と「小田越」から登るコースがあります。実は早池峰には登山コースとは別に、古くから登山口が東西南北に一つずつあり、それぞれに早池峰神社があります。地図上では現在、大迫、遠野、宮古の門馬の三カ所の神社しか確認することが出来ませんが、宮古市江繋より岳に向かってくるとタイマグラキャンプ場手前に江繋の早池峰神社があり、東の登山口になります。そう、早池峰は山岳信仰の山なのです。
 山頂にはお宮が二つあり、山開きの時、玉串をあげるのが大迫の奥宮。その隣にある石造りの神社が遠野の奥宮になります。遠野の早池峰神社の里宮は奥宮と一直線上にあり、夜になるとその上に北極星が輝くのだと、途中で一緒になった巫女さんが教えてくれました。そんな話を聞くと霊験あらたかで、神々しい山を登っているんだと、鳥肌が立ちました。
 そして山開きの日、頂上では早池峰神楽の権現舞が披露されます。通常、早池峰神楽では一番最後に舞われる演目の権現舞を観ることができる、またとないチャンスが早池峰の山開きです。
 早池峰はこれからが花の季節。ハヤチネウスユキソウに代表される固有種や、この山を南限とする高山植物がたくさんあります。風が強く吹き付ける岩肌に咲く花は小さく、図鑑で見るのとは大違いですが、風に揺られ咲いている花達は、まるで、撮って、撮ってと言っているように見えます。そんな小さな花に元気をもらえる山が早池峰です。

Info

    You are currently browsing the archives for the その他 category.

© Copyright 2018 - 事務局が行く! | Made by AppChain.com
429 Too Many Requests

429 Too Many Requests


nginx