pic
http://youtu.be/1I3t6ybT4jo http://youtu.be/oKtkhoib-BA 東京駅の65のレストランとショップが団結し、岩手の復興応援を目的とする「ニッポンおいしいフェア~岩手復興応援編vol.2」が3月16日まで開催されました。これは、岩手の食材を使ったオリジナルメニューを東京駅のレストランゾーンやエキナカ商業施設で展開するもの。昨年10月から11月にかけて行われた企画の第2弾でした。  このとき使われた食材は、いわて短角牛、ほうれんそう、ラズ...
pic
http://youtu.be/oKtkhoib-BA 岩手の工房の個性ある作品とそのつくり手たちと出会えます。 今年は【高田松原の「マツ」でつくる】をテーマに各工房の作品も展示されます。 会期/11月5日(土)10:00~17:00      6日(日)10:00~16:00 会場/岩手県公会堂2F 21号・26号室 主催/いわて木の工房会 お問合せ/おりつめ木工 和山 忠吉 ...
pic
今回ご紹介する「心の復興支援事業」は、テレビなどでよく耳にする、子どもたちの心ケアではありません。  大人や家族を中心とするものであり、また発達障害(アスペルガー・ADHD・高機能広汎性発達障害その他自閉症スペクトラムに属する人々)を持っている当事者の当事者による当事者のための、講演会とワークショップです。  わたしはあの震災後、避難所に入らない方たちがいることを聞きました。避難所に入らない理由は...
pic
pic
10月22日土曜日、いわて県民情報交流センターアイーナ4階の県民プラザにおいて、「三陸を応援!第3回復興バザー」が開催されます。  今回で3回目となるこのバザーは、アイーナの全施設が一体となり、バザーを通じて被災地を応援しようという催しで、被災された方々が商品を持ち込み販売する『被災地からの販売ブース』、個人参加による『個人出店者ブース』、そしてアイーナ館内の施設から提供された品を販売する『アイーナブー...
10月

01

2月

23

 ずっと遠くの方で賛美歌が聞こえてきそうなお店。照明をおとしてあり、ちょっと暗めのお店の中には、溜息がもれるほど素敵なステンドグラスばかりが並んでいる。
 賛美歌と書いたが、今並んでいる作品は、季節がら「おひなさま」や「さくら」をモチーフとしたものが多く。店内に並んでいるものには、小さなおはじきから、大きなつい立てまである。

 実はこのお店2階でステンドグラス教室を開いている。二階に上がると、1階の店舗とはまるで違う。工房が広がる。壁には沢山の図案と色とりどりのガラス。
 1枚のガラスで、深い緑から澄んだ緑へとグラデーションになっているものやマーブル模様のもの。赤と白の丸がくっついた水玉模様のガラスと、今までみたことがないガラスが沢山ある。聞くと作品のイメージに合うよう、ガラスを溶かして板を作る時もあるんだよと教えてくれた。
 マーブル模様のガラスを触ってみると表面がボコボコ。そして、表と裏のガラスの表情が違う。このガラスの見え方を生かして制作中の作品がテーブルの上にあった。

 ガラスって思ってもいない方へ割れますよね?と言う質問に
 ガラスによってね、切り出す時に色んな方向へひっぱってやるんだよ。といい、彫刻刀のようなガラス切りと、マンガに出てくる歯医者さんのようなペンチを使い、ガラスの切り出しを見せてくれた。
 おぉ~職人。

 ステンドグラスに必要なものは、「根気」と言い切るご主人の言葉に、カッパのやりたい病がムズムズしてきた。

Blossom
盛岡市内丸4-7(ブラッサム店舗2F)
TEL:019-651-8557


大きな地図で見る

お店はこちら

7月

12

カンカン、たんたん、ぱんぱん。リズミカルな機織りの音が建物に響いている。「第13回亀甲織まつり」が、6月26日(土)から3日間にわたって雫石コテージむらで行われた。毎年開かれるこのまつりは、亀甲織の紹介と亀甲織の展示・販売を兼ねていて、いろいろなデザインの作品と出会うことができる。亀甲織は麻を使った織物で、雫石町の特産品だ。織地の六角形模様が亀の甲羅に見えることから「亀甲織」と呼ばれている。

亀甲織を織っているのは「しずくいし麻の会」というグループで、メンバーは全員雫石町民である。というか、町民に限られている。というのも、材料となる麻は、通常は栽培が認められていない。しかし、町が毎年、県にお伺いを立てて許可をもらい、麻の栽培を行っている。この伝統工芸伝承には町役場の力がとても重要なのである。そのため、「しずくいし麻の会のメンバーは雫石町民に限る」というお約束があるのだそうだ。一度途絶え、復活させた歴史をもつ亀甲織を伝承していくため、町をあげて力を注いでいるのだ。

しかし、年に一度のまつりのときは、いつもは触ることの出来ない部外者でも「はた織り体験」ができる数少ないチャンス。わたしも早速、織姫もどきになってみた。体験会場には、4台ずつ向かい合わせで8台の機織り機が置かれ、先ほどから機織りの小気味よい音を立てている。なんと体験をしていたのは男性だった。織機にはそれぞれ色の違う糸が掛けられ、最初の部分が少し織られている。これからどんなものを織っていくのか、イメージが湧きやすいようになっているのだ。糸の色は青やピンクが多く、色の濃さが少しずつ違っていた。草木染めで染めているという。わたしはその中から、アカネで染めたという少し濃いめのピンクを選んだ。

機織り機に座る前に、腰にベルトをつける。チャンピオンベルト(?)くらいの幅で、革でできている。このベルトの左右に紐がついていて、いちばん手前の横棒に掛けると、たて糸がピンと張る仕掛けだ。足元に踏み板はなく、想像していたものより小さめだ。しかし、この小さめの織機で使う杼(ひ、と読みます。よこ糸を通すための道具)は、やたらと大きく、織物の幅くらいある。でも、織り始めるとその意味がわかった。通したあとによこ糸を詰める作業も、この杼で行うのだ。以前、沖縄で織物体験をしたときは、さして力が必要なかった。教えてくれる先生に「そんなに力を入れたら、織機がこわれちゃうよ」とまで言われた。しかし亀甲織はまったく違う。麻という硬い糸を使うためか力がいる。となりのお兄さんのような綺麗な音は、わたしにはなかなか出せなかった。

25センチほどのテーブルセンターを織るのに1時間ちょっと。途中、動作ミスがあり真ん中あたりにポイントができてしまったが、初めてにしては上出来だ。自画自賛。1時間があまりに楽しかったので、こんなに楽しい機織りをせず、いっしょに遊び呆けてしまった織姫のお相手の彦星って、どんなに魅力的な男性だったのだろうか……などと、いらない想像もしてしまった。いつもは糸の始末に三つ折で縫うとのことだが、今日はボンドで端をとめ、アイロンをかけて出来上がり。夏向きのテーブルセンターの完成である。

「わたし、亀甲織のバックが欲しくて探したことがあるんですよ」と話すと、しずくいし麻の会の方が「亀甲織は出来合いでも安くないから、気に入った色やデザインを選んで注文したほうがいいですよ」と、教えてくれた。そして付け加えた。「ただ、少し時間をいただきますが」

亀甲織の商品は、「いわてやま」というページで紹介されているとのこと。興味のある方は、ぜひそちらもご覧ください。

いわてやま http://www.iwateyama.net/

Info

    You are currently browsing the archives for the 工芸品 category.

© Copyright 2018 - 事務局が行く! | Made by AppChain.com
indexmebaby.tk