pic
http://youtu.be/1I3t6ybT4jo http://youtu.be/oKtkhoib-BA 東京駅の65のレストランとショップが団結し、岩手の復興応援を目的とする「ニッポンおいしいフェア~岩手復興応援編vol.2」が3月16日まで開催されました。これは、岩手の食材を使ったオリジナルメニューを東京駅のレストランゾーンやエキナカ商業施設で展開するもの。昨年10月から11月にかけて行われた企画の第2弾でした。  このとき使われた食材は、いわて短角牛、ほうれんそう、ラズ...
pic
http://youtu.be/oKtkhoib-BA 岩手の工房の個性ある作品とそのつくり手たちと出会えます。 今年は【高田松原の「マツ」でつくる】をテーマに各工房の作品も展示されます。 会期/11月5日(土)10:00~17:00      6日(日)10:00~16:00 会場/岩手県公会堂2F 21号・26号室 主催/いわて木の工房会 お問合せ/おりつめ木工 和山 忠吉 ...
pic
今回ご紹介する「心の復興支援事業」は、テレビなどでよく耳にする、子どもたちの心ケアではありません。  大人や家族を中心とするものであり、また発達障害(アスペルガー・ADHD・高機能広汎性発達障害その他自閉症スペクトラムに属する人々)を持っている当事者の当事者による当事者のための、講演会とワークショップです。  わたしはあの震災後、避難所に入らない方たちがいることを聞きました。避難所に入らない理由は...
pic
pic
10月22日土曜日、いわて県民情報交流センターアイーナ4階の県民プラザにおいて、「三陸を応援!第3回復興バザー」が開催されます。  今回で3回目となるこのバザーは、アイーナの全施設が一体となり、バザーを通じて被災地を応援しようという催しで、被災された方々が商品を持ち込み販売する『被災地からの販売ブース』、個人参加による『個人出店者ブース』、そしてアイーナ館内の施設から提供された品を販売する『アイーナブー...
6月

09

ライブ吹き替えでアニメ上映

社団法人キンダー・フィルムが主催で、「東北応援こどもアニメキャラバン上映会」が5月1~5日に釜石市、陸前高田市、野田村と、岩手県立児童館いわてこどもの森で開催された。株式会社ソニークリエイティブ・プロダクツ株式会社ドワーフニューセレクト株式会社の賛同の上、「ピングー」「ひつじのショーン」「こま撮りえいがこまねこ」が上映された他、「きかんしゃトーマス」を世界初のライブ吹き替え上映。最後に、心温まる作品「テディとアーニー」で締めくくられた。
 このキャラバンには、被災地の応援のためにと声優5名が参加。その中には、なんとアンパンマンでおなじみの戸田恵子さんがメンバーに。キンダー・フィルム・フェスティバルの実行委員長で、トーマスの声を担当されている彼女を筆頭に、アニメの吹き替えを実際に担当している豪華な声優陣が入場すると、会場から歓声と拍手がわき起こった。
 上映が始まると、子どもたちの目はスクリーンにくぎづけ。すぐ横の声優たちの声が、スクリーン上でアニメのキャラクターの声となって聞こえてくる様子に、「すごい!!」と思わず声を上げた子どももいた。

2時間にわたる上映会はあっという間に最後の「テディとアニー」という作品へ。この作品は、ユニセフの子供向映像大賞受賞作品で、新しいおもちゃが来たことによって、クリスマスの翌日にゴミ箱に捨てられてしまったテディベアとアニーという女の子の人形たちが、新しい持ち主を探す旅にでるという冒険ストーリー。色々な出会いを経験しながら、最後に新しい家庭に拾われて、子どもたちと一緒に暮らす、心がほんわかするエンディングだ。帰る家がなくなり、路頭に迷っているテディとアニーが、この被災された方々の状況と重なって悲しくならないようにと、上映前には、リハーサルを何度も重ね、台詞を練り、本番に望んだという。じんとくるストーリーに、会場にいた子どもや親たちは目に涙をため、見ている様子が伺えた。
 キャラバンの中には仙台出身の声優もいて、ぜひこの上映会のサポートをしたいと、手
を挙げて参加されたという。「いい空気を持ってこようと思い参加した。被災地の状況を目の当たりにして、とまどいも感じた。けれど、子どもたちの歓声や笑顔を見てやって良かったと思っている。また機会を作ってここに来たい」とツアーの感想を語ってくれた。スタッフたちが共通して感じたのは、子どもたちの元気な笑顔。「すごく元気をもらった」とみな口々に言っていた。

つながりぬくもりプロジェクトも始動!

これからの選択と自立への出発  実はこの上映会、1~3日開催の電力全てを、太陽光パネルで供給するという自然エネルギープロジェクトでもあった。これを担当したのは、自然エネルギー事業協組合レクスタチーム。また、この上映会のコーディネートやサポートなど、裏方を努めたのが、NPO法人森と風のがっこうだ。
 自分たちの楽しい時間を、自分たちで作ったエネルギーでまかなう、エネルギー自立型とも言える今回のプロジェクトには、さまざまな工夫がされていた。上映前の待ち時間を利用して、手回し発電で動くわたあめ機を使ったわたあめ作り体験は子どもたちに大人気。受付では、スタッフたちが駄菓子を配り、子どもたち小さな手にたくさんにぎりしめて、上映会が始まるのを待っていた。

「この上映会の電源が自然エネルギーでまかなっていることは、今理解できなくてもいい。後から、『そういえば、上映会の電気は自然エネルギーだったんだ~』と思い出してくれればいいかな」と感想をくれたのは、ソーラーワールドの武内賢二さん。自らも自然エネルギーの実践者で、自然エネルギー事業協組合レクスタチームの一員だ。自然エネルギー事業協組合レクスタは、このツアーで回った陸前高田市と釜石市の6カ所に、東京のメーカーから寄付された太陽光パネルを設置。今、現地では大事な電源として活用されている。「太陽光パネルの設置を、地元の人々に関わってもらっている。我々は技術を教えるだけ。実際の作業はとってもシンプル。自然エネルギーの産業を、サイドビジネスとして漁業や農業をされている方々がやっていけたらといいのではないかと思う。もともと自然を扱う仕事に携わっているのだから、自然エネルギーの仕事は、相性がいいんじゃないかな。」と、ビジネスとしても自然エネルギーを提案している武内さん。デンマークやスウェーデンでは、農業従事者たちが、風車を建設し、風力エネルギーを副業として営んでいるという海外の事例がたくさんあるのだそうだ。
 同じように「自然エネルギーと自給的農業で自立していくことは、今の震災を乗り越える突破口ではないか」と語るNPO法人森と風のがっこう代表の吉成信夫さん。このツアーを通しての一番の手応えは、地元の方々とつ深いつながり。彼は、釜石市の保育園の給食室の改装にあてて欲しいと、森と風のがっこう森風子ども災害援助基金で集まった寄付金を届けた。「これからも私たちは、被災地に来ます。今だからこそ、みんながお互いに助け合う時。被災地支援を通して、様々な団体や、リーダーとつながりを持てた。これをずっとバトンのようにつなげていきたい。被災された方々が、自分たちの生活に戻って、ここで生きていきたいと思ったとき、地元の人々が自立して持続的にやっていける事をサポートしたい」と想いを語ってくれた。

 

ライター:佐々木ユウコ

 

6月

09

岩手県農林水産部畜産課
滝沢村における牧草の放射性物質の確認調査結果について(5月23日発表)
県北西部地域の牧草の放射線物質の確認調査結果について(5月20日発表)
牧草の放射性物質の測定調査の結果について(5月13日発表)

岩手県環境生活部環境保全課
一関市等における放射線量の測定結果について(6月7日発表)
岩手県が文部科学省の委託により実施している環境放射能のモニタリング状況

【環境放射線の測定結果について】 (2011.6.9発表)
【要旨】
県内の空間線量率、水道水及び降下物を測定した結果、水道水からは核分裂生成物は検出されず人の健康に影響のある状況ではありませんでした。
空間線量率
6月8日午前9時から6月9日午前9時までの岩手県環境保健センター屋上における空間線量率(注1)は、最高0.023μGy(マイクログレイ)/時、最低0.022μGy/時、平均0.022μGy/時であり、過去の平常値の範囲内にあります。
水道水
6月8日に採取した水道水(盛岡市新庄浄水場系及び住田町合地沢浄水場系)について、核分裂生成物は検出されませんでした。
降下物
6月7日午前9時から6月8日午前9時まで同センター屋上おいて採取した降下物(注2) について、核分裂生成物は検出されませんでした。


(注1)空間線量率:対象となる空間の単位時間当たりの放射線量。
    μGy/時(マイクログレイ毎時)≒μSv/時(マイクロシーベルト毎時)。
(注2)降下物:核爆発実験や原子力発電所の事故などにより放出されて上層大気中に拡散し、地上に降下してくる物質のこと。
空間線量率の測定結果モニタリングポストの設置場所:県環境保健研究センター(盛岡市飯岡新田1-36-1)
最高0.023μGy/時、最低0.022μGy/時、平均0.022μGy/時
水道水(盛岡市)の測定結果               
月日 放射性ヨウ素
(基準値:300Bq/kg)
放射性セシウム
(基準値:200Bq/kg)
6月 6日採水 検出せず 検出せず
6月 7日採水 検出せず 検出せず
6月 8日採水 検出せず 検出せず
これまでの最高値(3.23) 5.29 Bq/kg 0.13 Bq/kg
水道水(住田町)の測定結果
月日 放射性ヨウ素
(基準値:300Bq/kg)
放射性セシウム
(基準値:200Bq/kg)
6月 8日採水 検出せず 検出せず
降下物の測定結果
採取場所:県環境保健研究センター(盛岡市飯岡新田1-36-1)
月日 ヨウ素131 セシウム134 セシウム137
6月 5日9時
~6月 6日9時
検出せず 検出せず 検出せず 検出せず
6月 6日9時
~6月 7日9時
検出せず 検出せず 検出せず 検出せず
6月 7日9時
~6月 8日9時
検出せず 検出せず 検出せず 検出せず
これまでの最高値
(3.20~3.21)
7,830 MBq/km2(0.12μSv/日) 634 MBq/km2(11.79μSv/日) 686 MBq/km2(5.52μSv/日) 9,150 MBq/km2(17.43μSv/日)
【参考】
(1)平成19年度から平成21年度までの空間線量率は、最高0.084μGy/時、最低0.016μGy/時、平均0.023μGy/時
(2)近年観測された降下物の最大値は50MBq/km2(平成19年3月28日~29日9時)でした。(MBq(メガベクレル)は放射能の強さを表します。)
(3)水道水の基準のうち、ヨウ素131について、100Bq/kgを超えるものは、乳児用調整粉乳及び直接飲料に供する乳に使用しないよう指導することとされています。
【関連リンク】
全国の環境放射能水準調査結果(文部科学省の公表サイト)
放射能医学総合研究所提供資料「放射線被ばくに関する基礎知識」
放射能に関する正しい知識について⇒文部科学省のホームページ 法務省のホームページ

Info

    You are currently browsing the 事務局が行く! blog archives for the day 木曜日, 6月 9th, 2011.

© Copyright 2018 - 事務局が行く! | Made by AppChain.com