pic
http://youtu.be/1I3t6ybT4jo http://youtu.be/oKtkhoib-BA 東京駅の65のレストランとショップが団結し、岩手の復興応援を目的とする「ニッポンおいしいフェア~岩手復興応援編vol.2」が3月16日まで開催されました。これは、岩手の食材を使ったオリジナルメニューを東京駅のレストランゾーンやエキナカ商業施設で展開するもの。昨年10月から11月にかけて行われた企画の第2弾でした。  このとき使われた食材は、いわて短角牛、ほうれんそう、ラズ...
pic
http://youtu.be/oKtkhoib-BA 岩手の工房の個性ある作品とそのつくり手たちと出会えます。 今年は【高田松原の「マツ」でつくる】をテーマに各工房の作品も展示されます。 会期/11月5日(土)10:00~17:00      6日(日)10:00~16:00 会場/岩手県公会堂2F 21号・26号室 主催/いわて木の工房会 お問合せ/おりつめ木工 和山 忠吉 ...
pic
今回ご紹介する「心の復興支援事業」は、テレビなどでよく耳にする、子どもたちの心ケアではありません。  大人や家族を中心とするものであり、また発達障害(アスペルガー・ADHD・高機能広汎性発達障害その他自閉症スペクトラムに属する人々)を持っている当事者の当事者による当事者のための、講演会とワークショップです。  わたしはあの震災後、避難所に入らない方たちがいることを聞きました。避難所に入らない理由は...
pic
pic
10月22日土曜日、いわて県民情報交流センターアイーナ4階の県民プラザにおいて、「三陸を応援!第3回復興バザー」が開催されます。  今回で3回目となるこのバザーは、アイーナの全施設が一体となり、バザーを通じて被災地を応援しようという催しで、被災された方々が商品を持ち込み販売する『被災地からの販売ブース』、個人参加による『個人出店者ブース』、そしてアイーナ館内の施設から提供された品を販売する『アイーナブー...
4月

29

越後、丹波に並び、今、日本最大の杜氏集団といわれる「南部杜氏」。
 この南部杜氏発祥の地が紫波町である。1678年、滋賀の村井権兵衛によって清酒製造が伝えられ、紫波町で権兵衛酒屋として酒造りを始め、ここで培われた技術は蔵人により、全国の酒蔵に南部流酒造りとして知られるようになり、南部杜氏と呼ばれるようになったとのこと。
 現在でも町内には4つの造り酒屋があり、その南部杜氏発祥の地で行われた「第1回南部酒屋唄全国大会」。もともとは酒造りの工程で其々の作業に合わせて唄われていたもので、唄により時間を計ったとも言われている。
 今回、大会で歌われたのは、「南部酒屋もと(酉ヘンに元)摺り唄」と「南部酒屋流し唄」。「もと摺り唄」は、蒸した酒米と水を2、3人が長い櫂で掻きまわす時に唄われ、「流し唄」桶や半切りを洗い上げる時に歌ったものだという。
 実はこのような大会に初めて行ったわたしは、面喰った。実は杜氏の人たちがいっぱい出場するのかな?と思って出かけて行ったのだが、小学生から96歳のおじいちゃんまで、沢山の人達が出場していたのだ。
 しかし、この大会のいいところは、みんな同じ唄を部門別に歌うところにある。聞いていると、審査員でなくてもついつい審査をしてしまう。若い人は声量がある。しかし、力が入っている歌い方だと、ちょっと仕事唄には聞こえてこない。いい感じに力が抜けて、通る声がすごく良く聞こえるのだ。中には、息が続かなかったり、上がってしまう人もいたけど、うん、うん。そうだよね。人前で唄うって、すごく緊張するよねぇ。と歌い手でもないのに共感してしまう場面があった。それは私以外の人も一緒だったようで、拍手が沸き起こったり、声がかかったり、体が温かくなるのを感じた。
 それに「もと摺り唄」の歌詞がいい。
  もと摺りは 楽そに見せて 楽じゃない
  何仕事 仕事に楽がありゃしない

そうだね、そうだね。
仕事唄っていいね。
他の酒屋唄も聴いてみたいぞ!!

4月

28

岩手県が文部科学省の委託により実施している環境放射能のモニタリング状況(環境生活部環境保全課)

【環境放射線の測定結果について】 (2011.4.28発表)
【要旨】
県内の空間線量率、水道水及び降下物を測定した結果、水道水及び降下物からは核分裂生成物が検出されず、人の健康に影響のある状況ではありませんでした。
空間線量率
4月27日午前9時から4月28日午前9時までの岩手県環境保健センター屋上における空間線量率(注1)は、最高0.033μGy(マイクログレイ)/時、最低0.023μGy/時、平均0.025μGy/時であり、過去の平常値の範囲内にあります。
水道水
4月27日に採取した水道水(盛岡市新庄浄水場系及び宮古市千徳第1浄水場系)について、核分裂生成物は検出されませんでした。なお、宮古市の水道水の測定については、今後、事業者と協議のうえ適宜実施することとし、その結果を公表することとします。
降下物
4月26日午前9時から4月27日午前9時まで同センター屋上にて採取した降下物(注2) について、ヨウ素131、セシウム134、セシウム137(いずれも核分裂生成物)が検出されました。その放射線量は、0.69μSv(マイクロシーベルト)/日であり、胸部レントゲン1回当たりの放射線量(60μSv)を下回るレベルです。


(注1)空間線量率:対象となる空間の単位時間当たりの放射線量。
          μGy/時(マイクログレイ毎時)≒μSv/時(マイクロシーベルト毎時)。
(注2)降下物:核爆発実験や原子力発電所の事故などにより放出されて上層大気中に拡散し、地上に降下してくる物質のこと。
空間線量率の測定結果

モニタリングポストの設置場所:県環境保健研究センター(盛岡市飯岡新田1-36-1)

最高0.033μGy/時、最低0.023μGy/時、平均0.025μGy/時

 

水道水(盛岡市)の測定結果
月日 放射性ヨウ素
(基準値:300Bq/kg)
放射性セシウム

(基準値:200Bq/kg)

4月25日採水 検出せず 検出せず
4月26日採水 検出せず 検出せず
4月27日採水 検出せず 検出せず
これまでの最高値
(3.23)
5.29 Bq/kg 0.13 Bq/kg

 

降下物の測定結果
採取場所:県環境保健研究センター(盛岡市飯岡新田1-36-1)
月日 ヨウ素131 セシウム134 セシウム137
4月24日9時~
4月25日9時
検出せず 検出せず 検出せず  
4月25日9時~
4月26日9時
検出せず 検出せず 検出せず  
4月26日9時~
4月27日9時
30,1 MBq/km2
(0,0005μSv/日)
26,2MBq/km2
(0,49μSv/日)
24,4 MBq/km2
(0,20μSv/日)
80,7MBq/km2
(0,69μSv/日)
これまでの最高値
(3.20~3.21)
7,830 MBq/km2
(0.12μSv/日)
634 MBq/km2
(11,79μSv/日)
686 MBq/km2
(5.52μSv/日)
9,150 MBq/km2
(17.43μSv/日)
【参考】
(1)平成19年度から平成21年度までの空間線量率は、最高0.084μGy/時、最低0.016μGy/時、平均0.023μGy/時
(2)近年観測された降下物の最大値は50MBq/km2(平成19年3月28日~29日9時)でした。(MBq(メガベクレル)は放射能の強さを表します。)
(3)水道水の基準のうち、ヨウ素131について、100Bq/kgを超えるものは、乳児用調整粉乳及び直接飲料に供する乳に使用しないよう指導することとされています。
【関連リンク】
全国の環境放射能水準調査結果(文部科学省の公表サイト)
放射能医学総合研究所提供資料「放射線被ばくに関する基礎知識」

放射能に関する正しい知識について⇒文部科学省のホームページ 法務省のホームページ

4月

27

岩手県が文部科学省の委託により実施している環境放射能のモニタリング状況(環境生活部環境保全課)

【環境放射線の測定結果について】 (2011.4.27発表)
【要旨】
県内の空間線量率、水道水及び降下物を測定した結果、水道水及び降下物からは核分裂生成物が検出されず、人の健康に影響のある状況ではありませんでした。
空間線量率
4月26日午前9時から4月27日午前9時までの岩手県環境保健センター屋上における空間線量率(注1)は、最高0.033μGy(マイクログレイ)/時、最低0.023μGy/時、平均0.025μGy/時であり、過去の平常値の範囲内にあります。
水道水
4月26日に採取した水道水(盛岡市新庄浄水場系及び宮古市千徳第1浄水場系)について、核分裂生成物は検出されませんでした。なお、宮古市の水道水の測定については、今後、事業者と協議のうえ適宜実施することとし、その結果を公表することとします。
降下物
4月25日午前9時から4月26日午前9時まで同センター屋上にて採取した降下物(注2) について、核分裂生成物は検出されませんでした。


(注1)空間線量率:対象となる空間の単位時間当たりの放射線量。
μGy/時(マイクログレイ毎時)≒μSv/時(マイクロシーベルト毎時)。
(注2)降下物:核爆発実験や原子力発電所の事故などにより放出されて上層大気中に拡散し、地上に降下してくる物質のこと。


空間線量率の測定結果
モニタリングポストの設置場所:県環境保健研究センター(盛岡市飯岡新田1-36-1)
最高0.033μGy/時、最低0.023μGy/時、平均0.025μGy/時

水道水(盛岡市)の測定結果
月日 放射性ヨウ素
(基準値:300Bq/kg)
放射性セシウム
(基準値:200Bq/kg)
4月24日採水 検出せず 検出せず
4月25日採水 検出せず 検出せず
4月26日採水 検出せず 検出せず
これまでの最高値
(3.23)
5.29 Bq/kg 0.13 Bq/kg
水道水(宮古市)の測定結果
月日 放射性ヨウ素
(基準値:300Bq/kg)
放射性セシウム
(基準値:200Bq/kg)
4月26日採水 検出せず 検出せず

降下物の測定結果
採取場所:県環境保健研究センター(盛岡市飯岡新田1-36-1)



月日 ヨウ素131 セシウム137
4月23日9時~
4月24日9時
検出せず 検出せず
4月24日9時~
4月25日9時
検出せず 検出せず
4月25日9時~
4月26日9時
検出せず 検出せず  
これまでの最高値
(3.20~3.21)
7,830 MBq/km2
(0.12μSv/日)
686 MBq/km2
(5.52μSv/日)
8,516 MBq/km2
(5.64μSv/日)

【参考】
(1)平成19年度から平成21年度までの空間線量率は、最高0.084μGy/時、最低0.016μGy/時、平均0.023μGy/時
(2)近年観測された降下物の最大値は50MBq/km2(平成19年3月28日~29日9時)でした。(MBq(メガベクレル)は放射能の強さを表します。)
(3)水道水の基準のうち、ヨウ素131について、100Bq/kgを超えるものは、乳児用調整粉乳及び直接飲料に供する乳に使用しないよう指導することとされています。
【関連リンク】
全国の環境放射能水準調査結果(文部科学省の公表サイト)
放射能医学総合研究所提供資料「放射線被ばくに関する基礎知識」
放射能に関する正しい知識について⇒文部科学省のホームページ 法務省のホームページ
4月

25


 4月24日日曜日、野田小学校の子どもたちの夢がこいのぼりになりました。
 これは久慈市青年会議所が、地域の元気を子ども達からとのことで、今回の震災で県北沿岸地域で大きな被害を受けた野田村にある野田小学校の全校児童199名に自分の夢をこいのぼりのうろこ1枚1枚に書いてもらい、貼り付け小学校の昇降口に掲げるというプロジェクトで、子ども達の夢や希望を形にしたことで、家族や地域のパワーの源になるようにという願いがこめられています。
 子ども達に書いてもらった夢入りうろこは、青年会議所のメンバーが笑顔で1枚1枚貼り付け作業を行っていました。わたしも飛び入り参加したのですが、これがなかなかテンド(手際)がいる作業で、ボンドが付いたうろこはめくれ、それを平らに貼るというのが、大変だと気づかされました。結局わたしは、ハエ取り紙に捕られた人みたいに、手がメタクタずぐなって終わってしまいました・・・面目ない

久慈で仕上がったこいのぼりが野田小学校で泳ぎはじめると、学年ごと色分けされたうろこは、キラキラしてました。そして、それを見た子ども達は、「あっ、わたしのあそこにある。」「僕のはあそこだ!」とはじけるような声が校庭に響いていました。

野田発の元気が、みんなにうつるといいな!!

4月

22

岩手県が文部科学省の委託により実施している環境放射能のモニタリング状況(環境生活部環境保全課)

【環境放射線の測定結果について】 (20114.22発表)
【要旨】
県内の空間線量率、水道水及び降下物を測定した結果、水道水からは核分裂生成物が検出されましたが、人の健康に影響を及ぼすようなレベルにはありませんでした。また、降下物から核分裂生成物は検出されませんでした。
空間線量率
4月21日午前9時から4月22日午前9時までの岩手県環境保健センター屋上における空間線量率(注1)は、最高0.024μGy(マイクログレイ)/時、最低0.023μGy/時、平均0.023μGy/時であり、過去の平常値の範囲内にあります。
水道水
4月21日に採取した水道水(盛岡市新庄浄水場系)について核分裂生成物は検出されませんでした。
降下物
4月20日午前9時から4月21日午前9時まで同センター屋上にて採取した降下物(注2) について、核分裂生成物は検出されませんでした。


(注1)空間線量率:対象となる空間の単位時間当たりの放射線量。
μGy/時(マイクログレイ毎時)≒μSv/時(マイクロシーベルト毎時)。
(注2)降下物:核爆発実験や原子力発電所の事故などにより放出されて上層大気中に拡散し、地上に降下してくる物質のこと。

 

空間線量率の測定結果
モニタリングポストの設置場所:県環境保健研究センター(盛岡市飯岡新田1-36-1)
最高0.024μGy/時、最低0.023μGy/時、平均0.023μGy/時

 

水道水の測定結果
水道水の採取場所:盛岡市飯岡新田1-36
月日 ヨウ素131
(基準値:300Bq/kg)
セシウム137
(基準値:200Ba/kg)
4月19日採水 検出せず 検出せず
4月20日採水 検出せず 検出せず
4月21日採水 検出せず 検出せず
これまでの最高値(3.23) 5.29 Bq/kg 0.13Ba/kg

 

降下物の測定結果
採取場所:県環境保健研究センター(盛岡市飯岡新田1-36-1)
月日 ヨウ素131 セシウム137
4月18日9時~
4月19日9時
検出せず 検出せず  
4月19日9時~
4月20日9時
5.4 MBq/km2
(0.0001μSv/日)
2.62 MBq/km2
(0.021μSv/日)
 8.02 MBq/km2
(0.021μSv/日)
4月20日9時~4月21日9時 検出せず 検出せず  
これまでの最高値
(3.20~3.21)
7,830 MBq/km2(0.12μSv/日) 686 MBq/km2(5.52μSv/日) 8,516 MBq/km2(5.64μSv/日)

 

【参考】
(1)平成19年度から平成21年度までの空間線量率は、最高84nGy/時、最低16nGy/時、平均23nGy/時
(2)近年観測された降下物の最大値は50MBq/km2(平成19年3月28日~29日9時)でした。
(3)水道水の基準のうち、ヨウ素131について、100Bq/kgを超えるものは、乳児用調整粉乳及び直接飲料に供する乳に使用しないよう指導することとされています。
【関連リンク】
全国の環境放射能水準調査結果(文部科学省の公表サイト)
放射能医学総合研究所提供資料「放射線被ばくに関する基礎知識」
© Copyright 2018 - 事務局が行く! | Made by AppChain.com
indexmebaby.tk