pic
http://youtu.be/1I3t6ybT4jo http://youtu.be/oKtkhoib-BA 東京駅の65のレストランとショップが団結し、岩手の復興応援を目的とする「ニッポンおいしいフェア~岩手復興応援編vol.2」が3月16日まで開催されました。これは、岩手の食材を使ったオリジナルメニューを東京駅のレストランゾーンやエキナカ商業施設で展開するもの。昨年10月から11月にかけて行われた企画の第2弾でした。  このとき使われた食材は、いわて短角牛、ほうれんそう、ラズ...
pic
http://youtu.be/oKtkhoib-BA 岩手の工房の個性ある作品とそのつくり手たちと出会えます。 今年は【高田松原の「マツ」でつくる】をテーマに各工房の作品も展示されます。 会期/11月5日(土)10:00~17:00      6日(日)10:00~16:00 会場/岩手県公会堂2F 21号・26号室 主催/いわて木の工房会 お問合せ/おりつめ木工 和山 忠吉 ...
pic
今回ご紹介する「心の復興支援事業」は、テレビなどでよく耳にする、子どもたちの心ケアではありません。  大人や家族を中心とするものであり、また発達障害(アスペルガー・ADHD・高機能広汎性発達障害その他自閉症スペクトラムに属する人々)を持っている当事者の当事者による当事者のための、講演会とワークショップです。  わたしはあの震災後、避難所に入らない方たちがいることを聞きました。避難所に入らない理由は...
pic
pic
10月22日土曜日、いわて県民情報交流センターアイーナ4階の県民プラザにおいて、「三陸を応援!第3回復興バザー」が開催されます。  今回で3回目となるこのバザーは、アイーナの全施設が一体となり、バザーを通じて被災地を応援しようという催しで、被災された方々が商品を持ち込み販売する『被災地からの販売ブース』、個人参加による『個人出店者ブース』、そしてアイーナ館内の施設から提供された品を販売する『アイーナブー...
2月

24

盛岡にも消防団ってあるんだぁ。町とか村だけかと思ってた。

ん?消防団って初めて聞く?消防署は知ってるでしょ?火事の時、消火活動をしたり、急病の人がいる時、救急車で出動してくれるプロ集団。それとは違って消防団は、自分たちが住んでいる地域や地区で作っている消防組織。
 通常火事の時、消防署からの連絡で出動する自衛組織で、消防署の消防官がプロなら、消防団員はセミプロといったところかな?なので消防団の人たちは、別にお仕事を持ってる、一般の方達です。

火事の時って怖くないのかな?と思って聞いたら、

使命感だね。自分たちのところは自分たちで守る。その気持ちが一番。でも、盛岡の場合そればかりじゃないんだよ。盛岡の伝統も守っているんだ。

伝統?

盛岡は消防団に入ると同時に「南部火消伝統保存会」というのにも所属するんだよ。主な活動としては「盛岡山車」「裸参り」「纏ふり」「梯子のり」があって、梯子のりは、危険だからという事で昭和30年代に一度途切れたんだけど、市制100周年を機に復活して、それ以来継承を続けているし、「纏ふり」は火消しの根源。ずっと続けてたんだよ。「裸参り」は寒修行や願掛けの意味合いがあって、盛岡の厳寒の中で行う欠かせない行事。昔から火消し組が継承してきたものなんだよ。「盛岡山車」は盛岡の殿様が街の整備が終わったので、お祝いをしなさいということで始まったもので、当時は殿様から山車を運行するために、今でいう補助金が出てたんだよ。と知らない事だらけ。

お話を聞かせていただいた部屋には、歴代の分団長の写真や各分団の纏の模型、今まで運行した山車の押し絵が飾られていて、ごついイメージの消防団とは違い。部分的にみると「手芸屋さん」のようにも見えた。(消防団の方スミマセン...)展示しているものの中には、龍が描かれた刺子の火消し半纏があって、火消し半纏好きなカッパとしては、天にも昇る心地。初めて手にした頭巾は、キルトのように厚みがあって、お話を聞くと、これにも装飾が施されているものがあり、リバーシブルなんだと聞いて、なんとおしゃれなんだろうと嬉しくなってしまった。

最後に昔の纏を持たせてもらった。もとい、持ち上げさせてもらった。お、重っ。これふるの?と思ったら、こっちが今使ってるやつだよぉと「纏ふり」に実際使っているものを持ってきてくださり・・・それでもでかい。これ振るって・・・腰病めねんだべが・・・と心配になったカッパでした。いやぁ~~~、たいした おもしぇがったぁ。

南部火消伝統保存会副会長さんと纏の前で

2月

23

 ずっと遠くの方で賛美歌が聞こえてきそうなお店。照明をおとしてあり、ちょっと暗めのお店の中には、溜息がもれるほど素敵なステンドグラスばかりが並んでいる。
 賛美歌と書いたが、今並んでいる作品は、季節がら「おひなさま」や「さくら」をモチーフとしたものが多く。店内に並んでいるものには、小さなおはじきから、大きなつい立てまである。

 実はこのお店2階でステンドグラス教室を開いている。二階に上がると、1階の店舗とはまるで違う。工房が広がる。壁には沢山の図案と色とりどりのガラス。
 1枚のガラスで、深い緑から澄んだ緑へとグラデーションになっているものやマーブル模様のもの。赤と白の丸がくっついた水玉模様のガラスと、今までみたことがないガラスが沢山ある。聞くと作品のイメージに合うよう、ガラスを溶かして板を作る時もあるんだよと教えてくれた。
 マーブル模様のガラスを触ってみると表面がボコボコ。そして、表と裏のガラスの表情が違う。このガラスの見え方を生かして制作中の作品がテーブルの上にあった。

 ガラスって思ってもいない方へ割れますよね?と言う質問に
 ガラスによってね、切り出す時に色んな方向へひっぱってやるんだよ。といい、彫刻刀のようなガラス切りと、マンガに出てくる歯医者さんのようなペンチを使い、ガラスの切り出しを見せてくれた。
 おぉ~職人。

 ステンドグラスに必要なものは、「根気」と言い切るご主人の言葉に、カッパのやりたい病がムズムズしてきた。

Blossom
盛岡市内丸4-7(ブラッサム店舗2F)
TEL:019-651-8557


大きな地図で見る

お店はこちら

2月

17

盛岡には映画館が多い。と思ったのは、東京で働いていた時だ。そして、その時思ったのは盛岡で映画を観ると、すんごくお得だということ。

 30年くらい前だろうか、映画を観に行くと大体2本立てだった。2本立てと聞くと「スプラッシュか?」と思われるかもしれないが、そうではない。わたしは「愛と青春の旅立ち」と「フラッシュダンス」を当時1,200円で観たし、「プロジェクトA」は汚染された水を飲んだ動物園の動物達が逃げ出すというのを一緒に観た(…こっちはスプラッシュでしたね)。A級B級織り交ぜて観る映画のため、本当はあんまり・・・という映画もあったけど、お金を払った以上は、しっかり観るというのが当時の盛岡映画だったような気がする。そして当時の映画鑑賞は、1日仕事だった。仕事とはちがうなぁ。そう!「お祭りの日」のような感覚で、とてもワクワクする一日だった。映画館自体も、とても大きくて、シートが数えられないくらい横に長く並んでいて、まるで学校の体育館のようだった。「イーハトーブの赤い屋根」の上映の際は、あの体育館シートが全て埋まり、立ち見で通路もギュウギュウで、座って映画を観ていたのに汗をかいたのを覚えている。

 盛岡で映画が好きという人は、本当にいろんな映画を知っている。自分の好きな俳優や監督の作品の話になると、それが「つまみ」になる。最近は映画館も減ってしまったが、それでも単館系の映画やミニシアターで上映する映画まで、本当にいろいろな映画を上映している。映画好きとしては、観るのに大忙しの日々だが、それが同じ地域に集中してあるというのは、とても嬉しい限りである。

 チネチッタ@モリオカ サイトトップページそんな盛岡の映画館全てを網羅したサイトが来月3月10日に立ち上がる。その名も「もりおか映画散歩~Cinecitta@morioka(チネチッタ@モリオカ)~」。盛岡映画の変遷を知る「もりおか映画今昔」や映画館のお仕事やスタッフの素顔がわかる「劇場スタッフ通信」、映画ファンの集いのページなども掲載される予定である。

 今現在は、このサイトのプレオープン企画として、盛岡で2010年に映画館で上映された作品の中からベストテンを決める「もりおかベストシネマ2010」の投票を受け付けている。投票は邦画、洋画それぞれ10作品を選べる形式で、合計20作品までの投票が可能である。そんなに観てないわという方でも、お気に入りの1作品からの投票が可能なのだ。そして、投票してくれた人の中から30名に市内映画館の映画鑑賞券がプレゼントされる特典付きである。これは、ぜひとも投票せねば!!んだって投票しねんば鑑賞券もあだらねもんなぁ~。

もりおかベストシネマ2010      気になる「もりおかベストシネマ2010」の投票はこちらから→

Info

© Copyright 2018 - 事務局が行く! | Made by AppChain.com