pic
http://youtu.be/1I3t6ybT4jo http://youtu.be/oKtkhoib-BA 東京駅の65のレストランとショップが団結し、岩手の復興応援を目的とする「ニッポンおいしいフェア~岩手復興応援編vol.2」が3月16日まで開催されました。これは、岩手の食材を使ったオリジナルメニューを東京駅のレストランゾーンやエキナカ商業施設で展開するもの。昨年10月から11月にかけて行われた企画の第2弾でした。  このとき使われた食材は、いわて短角牛、ほうれんそう、ラズ...
pic
http://youtu.be/oKtkhoib-BA 岩手の工房の個性ある作品とそのつくり手たちと出会えます。 今年は【高田松原の「マツ」でつくる】をテーマに各工房の作品も展示されます。 会期/11月5日(土)10:00~17:00      6日(日)10:00~16:00 会場/岩手県公会堂2F 21号・26号室 主催/いわて木の工房会 お問合せ/おりつめ木工 和山 忠吉 ...
pic
今回ご紹介する「心の復興支援事業」は、テレビなどでよく耳にする、子どもたちの心ケアではありません。  大人や家族を中心とするものであり、また発達障害(アスペルガー・ADHD・高機能広汎性発達障害その他自閉症スペクトラムに属する人々)を持っている当事者の当事者による当事者のための、講演会とワークショップです。  わたしはあの震災後、避難所に入らない方たちがいることを聞きました。避難所に入らない理由は...
pic
pic
10月22日土曜日、いわて県民情報交流センターアイーナ4階の県民プラザにおいて、「三陸を応援!第3回復興バザー」が開催されます。  今回で3回目となるこのバザーは、アイーナの全施設が一体となり、バザーを通じて被災地を応援しようという催しで、被災された方々が商品を持ち込み販売する『被災地からの販売ブース』、個人参加による『個人出店者ブース』、そしてアイーナ館内の施設から提供された品を販売する『アイーナブー...
11月

16

県内にはいろんな工房があります。南部鉄器や漆器、紫紺染なんかもそうですよね。これら物産は、伝統工芸といわれ何年も修行をして職人といわれる人たちが、その技術を伝承しています。でも見ていると、なんか自分も出来るんじゃない?自分も作ってみたいなと思うことってないですか?でも、技術は目で盗めなんて言われるのかなと想像してしまい踏み込めないというのも事実。そこで、なんでもチャレンジしたがりの事務局カッパは、先日違う角度から「ものづくり」を見てきました。
 行ったところはプラモデルの展示会。えっ?!と思われたかも知れませんが、これが立派は「ものづくり」なのです。
 去る11月14日(日)北上市にある百貨店で行われた、「しろやま模型倶楽部作品展示会」に行ってきました。入り口近くにはガンダムがズラリと並んでお出迎え。会場の中に入ると水しぶきをあげて歩くゴジラに大地を踏み鳴らして歩くガメラ、車は、今流行りの痛車になってます。もちろん土台は市販されているものですが、その細かいディテールは制作者それぞれが工夫をこらしアレンジしたもの。
 お話を聞くと、このアレンジがポイントで、通常市販されているロボットといわれるものは、子ども向けに作られていて、怪我をしないように角に丸味をつけたりしているのだとか、それを自分のイメージに合うように加工したり、強度を上げたり、さらには、どこまで実物に近付けるか挑戦したりと、もう立派な「ものづくり」。
 そして、今回のような展示会を開くことによって、東北各地の模型を作っている人たちとの交流生まれるとのこと。ひとりで作っている時は、ひとりで作る楽しみがあり、展示会をした時は、同じ趣味を持つ人と交流が生まれ、そこから技術が向上し、多くの人に「ものづくりの楽しさ」を知ってほしいというのが、この会の理念だそうです。
 今現在、模型制作で分からないところがあったり、これからやってみたいんだけど、どんな道具が必要?なんて質問がある場合、お気軽にブログにご質問くださいとのことでした。

しろやま模型倶楽部ブログ:有機溶剤に侵された漢達

11月

08

以前短角牛バーガーを食した私は
10月29日のもりおかだよりのエントリーを見て
『豚バーガー』食べなくちゃ!!と
「つくし家本店8号店」に行ってまいりました。
ε=ε=ε=ε= スタタタタ(ノ≧∇≦)ノ・・・。゜.☆ 

ところがぁ、パテがない!!
ぶたサンも うしサンもない とのこと
これって赤坂マジック?と思いつつも

明日ならありますとのことで
仕切り直し
んで 次の日のお昼
☆⌒v⌒v⌒ヾ(●´∀`●)ノ゙ 

もうしわけございません。
本日まだです。
・゚・(p゚Дq`*)・゚・グスン

それでも諦めきれず
三度挑戦 三度目の正直
それが これっ!!

豚バーガー 1000円なりぃ~
でも実はこのバガー通常の豚バーガーではないのです
その名も『豚バーガースペシャル』なんです

何がスペシャルかって
ふふっふ。通常は具材にないチーズがパテの上にのっているのです。

実は その日お店のオーナーさんがいらしていて
今まで何度も足をお運び頂いたお詫びですと『豚バーガースペシャル【~⌒(・・)⌒~】ぶひぃ』を出して下さったのでした

味は もちろん ぅうんまいっ!!
わたしが初めて食べた牛さんとは違いこちらはパテが柔らかいです
そしてパテにお肉の甘みがあります
実はわたしチーズバーガーのチーズの主張が あまり得てではないのですが(注:チーズが嫌いではないです)
このバーガーのチーズは通常のスライスチーズを1枚ビロンとのせているのではなく小さく切ってパテにのせてあり チーズの主張ではなくバーガー全体の美味しさが増す割合になっていました

オーナーさんのお話を聞くこともでき 短角牛バーガーは、わたしが食べた時よりパテを柔らかくしたこと そして この「豚バーガー」同じ豚バーガーでも実は違うという事実を聞くことができました

こちらのお店は 県産の食材を使っていることが売り そして県内にはブランド豚が いろいろあって その時々で 豚が違うのだそうです(ちなみにわたしが食したのは佐助豚)

オーナー自ら厨房に立ちパテを作る時は まず生でお肉の味を確かめ パテをこねている最中は 「だれも声をかけないで!!」オーラが出るのだとか
「時間との戦いなの。美味しい所をギュッと閉じ込めたいんです。」
とお話を聞いた時は また来なくっちゃだわ!!と 俄然ファイトが沸きました

ぜひ一度食してみてください
今日は売り切れです と言われても めげずに、チャレンジあるのみです!!

Info

© Copyright 2018 - 事務局が行く! | Made by AppChain.com
indexmebaby.tk