pic
http://youtu.be/1I3t6ybT4jo http://youtu.be/oKtkhoib-BA 東京駅の65のレストランとショップが団結し、岩手の復興応援を目的とする「ニッポンおいしいフェア~岩手復興応援編vol.2」が3月16日まで開催されました。これは、岩手の食材を使ったオリジナルメニューを東京駅のレストランゾーンやエキナカ商業施設で展開するもの。昨年10月から11月にかけて行われた企画の第2弾でした。  このとき使われた食材は、いわて短角牛、ほうれんそう、ラズ...
pic
http://youtu.be/oKtkhoib-BA 岩手の工房の個性ある作品とそのつくり手たちと出会えます。 今年は【高田松原の「マツ」でつくる】をテーマに各工房の作品も展示されます。 会期/11月5日(土)10:00~17:00      6日(日)10:00~16:00 会場/岩手県公会堂2F 21号・26号室 主催/いわて木の工房会 お問合せ/おりつめ木工 和山 忠吉 ...
pic
今回ご紹介する「心の復興支援事業」は、テレビなどでよく耳にする、子どもたちの心ケアではありません。  大人や家族を中心とするものであり、また発達障害(アスペルガー・ADHD・高機能広汎性発達障害その他自閉症スペクトラムに属する人々)を持っている当事者の当事者による当事者のための、講演会とワークショップです。  わたしはあの震災後、避難所に入らない方たちがいることを聞きました。避難所に入らない理由は...
pic
pic
10月22日土曜日、いわて県民情報交流センターアイーナ4階の県民プラザにおいて、「三陸を応援!第3回復興バザー」が開催されます。  今回で3回目となるこのバザーは、アイーナの全施設が一体となり、バザーを通じて被災地を応援しようという催しで、被災された方々が商品を持ち込み販売する『被災地からの販売ブース』、個人参加による『個人出店者ブース』、そしてアイーナ館内の施設から提供された品を販売する『アイーナブー...
10月

28

 最後はふうせつ花さんの「豆乳うどんつくり」。
 すでにこちらは佳境に入っています。うどんの生地をのばすところ。
 うどんはお蕎麦と違い生地を踏むパートがありますが、そこで体重をうまく掛けないと、生地の延びに影響があるのだそうです。ここでも男性大活躍。女性ではなかなか延ばせないうどんの生地を麺棒を転がすと、びろ~んって均等に延びていきます。でも工藤アナウンサーが挑戦すると?????なぜ伸びない?見るに見かねた参加者が、お手伝い。先生も「彼に任せておけば大丈夫」とお墨付きです。でもいったい工藤アナウンサーと何が違うの?それでも参加者の皆さん笑顔のうちに、どんどんうどんが出来ていきます。
 うどん作り体験に娘さんとふたりで参加された佐藤さんは、「家では道具とかないので、初めての体験でしたが、とても楽しいかったです。お休みの日イベントに出かけても人が多いと、それだけで疲れてしまって出不精になってしまいますが、ツアーだと参加人数が決まっているし、今回のような体験ツアーだとしっかり楽しむことができますよね。」と笑顔で話してくださいました。今回のツアーには工藤アナウンサーファンの娘さんが、申し込んだとのことのこと。うどん作りの体験が出来た上に憧れの工藤アナウンサーと一緒で何倍も楽しまれたようでした。

10月

28

 さて3番目は、麹やもとみやさんの味噌工房 惇で行う「手前味噌つくり」。
 「手前味噌つくり」なんてなんともユニークなネーミング。お邪魔をすると皆さん一心不乱に大豆を手で潰していました。手といっても一粒ずつプチプチとつぶしているのではなく、大きなボールに入った大量の大豆を体重をかけ、ぎゅっぎゅっと押しつぶす感じで、作業台がどんどん歩いていきます。
 ボールの中をのぞいてみると、男性が潰していたものは豆の形がなくなっていましたが、女性陣はまだまだの様子。これを昔の人たちはそれぞれの家で作っていたのかと思うと、たしかに思い入れある美味しい「手前味噌」が出来るんだなぁと納得の作業です。
 熱い蒸かしたての大豆に悪戦苦闘しながら、豆の形が無くなったところで麹を加え混ぜ。塩を加え混ぜていく作業。やっとのことで4kgの味噌の仕込みが終わりますが、これで出来あがりではないのです。ここから1年間。この味噌を寝かせ、途中上下を入れ替える作業があります。えぇ~めんどくさい。って思う人もいるでしょうが、参加者の中には、「お友だちに貰った手作り味噌が、とっても美味しくて今日は自分でつくりに来ました。」という方がいらっしゃいました。自分でつくったお味噌でおにぎり作ったら絶対美味しいだろうなって思います。

10月

28

 二番目に訪れた場所は、「安比塗漆器工房」さんの「漆箸に色漆塗り体験」。
 こちらは皆さん集中モードで、話しかけられない感じです。白い薄手のゴム手袋に面相筆のよな細い筆をもって、一筆入魂状態です。
  用意されている無地のお箸に、赤青黄の色漆を混ぜながら自分のカラーをつくります。しかし、漆は空気に触れると褐色するということで、仕上がりの色がイメージしにくいようでした。
 お箸のほかにもお皿に絵付けをしている人もいて、工藤アナウンサーにお皿に「くど」って書いてもらってました。思わずその続に「カン」って書きたい衝動が湧いてきましたが、「こんな風になるんだぁ(色が)」の言葉に、重要任務を任された工藤アナウンサー始めその場にいた人から、笑いが起きました。
 でも漆塗り体験に参加された方達は、目の前に見本があるとはいえ、トンボやお花に市松模様、スポンジを使った作業を丁寧にされていて、作業途中のお箸がとても素敵に見えました。そして、帰り際販売されている手塗りのお箸をみると3,150円也。た、高い。それを体験させてくれる漆工房さんて太っ腹!と感銘いたしました。
 ここで作ったお箸は、漆を乾燥させて後日参加者の手元に届くそうです。どんなお箸になるのか、届くのが楽しみですね。

10月

28

 北舘製麺さんにお邪魔をすると早速先生がお手本をみせてくれました。
「今日のそば粉は新そばなので、作り方にある分量とは水の量がちょっと違うんですよ」
「水を入れてすぐ手を使うとくっつくので、お水を入れたら最初はお箸で混ぜるといいですよ。」
などと、テレビで見るソバ打ちとは違い、ほんのちょっとしたポイントを話しながら、あっと言う間にスベスベのおそばがひと塊できました。
 途中「先生の蕎麦打ち歴は何年ですか?」との工藤アナウンサーの問いに
「わたしは長くないですよ。17年くらいですかね」の答えに参加者がどよめくと
「いや、いや地元の方たちは、20年30年ざらですから、それにわたしがちゃんと手打ち蕎麦をつくれるようになったのは作り始めて10年くらい経ってからですよ」との言葉に、蕎麦打ちって「てんど」じゃなくて「体でおぼえるものなんだなぁ」としみじみ思いました。
 この蕎麦打ちに小学校4年生の山本くんがお母さんと一緒に参加していました。ちょっとシャイな山本くんとお昼に食堂で会った時、「打ったお蕎麦を見せて」と言うと、お蕎麦を入れた箱を袋から出して見せてくれました。まるでお店で売っているお蕎麦のように、箱の中にきれいに並べられているそれは、最後の仕上げだけを先生に手伝ってもらっただけで、切るのも山本くんがやったものだとお母さんに教えていただき、またびっくり。たしかに先生がお手本を作っている時。山本くんは先生のすぐ横で見てたもんなぁ。あの集中力を見ならわなくてわと思ったのでしたマル

10月

28

 10月24日 日曜日。朝からドキドキです。
 8:30盛岡駅西口待ち合わせ。めんこいテレビの工藤淳之介アナウンサーと一緒に八幡平市の荒屋新町に行くんですもん。とはいっても「あしろのぶらっと一日体験工房ツアー」なのですが、いつもテレビて見る人と一緒に出かけられるというのは、キンチョーします。
 工藤アナウンサーと言えば、いつもさわやか、元気印。のアナウンサーですが、これがなかなかファンが多い。ツアーに参加して、しみじみと実感したわけであります。いいえ別に「工藤アナウンサーのファンの多さを体験しに行くツアー」ではありません。でもそれを、ひしひしと感じたわけであります。
 ツアーバスに乗り込むと入り口でお味噌汁を頂き席につきました。このお味噌汁お湯を注ぐだけでOKの代物。以前一人暮らしのときお世話になった商品とよく似てますが、こちらのお味噌は甘みと旨味があります。三陸産のふのりを浮かべたら、もうベストマッチじゃないでしょうか。そしてもう一品「豆乳どーなつ」が工藤アナウンサーから一個ずつみんなに配られ、食べながら、飲みながらでバスは一路八幡平市の荒屋新町へ向かいました。
 ドーナツとみそ汁?と思われるかもしれませんが、この「どーなつ」はお豆腐を作っている「ふうせつ花」さんの「豆乳どーなつ」で、考えようによっては味噌汁が形を変えたバージョンです。お味噌も同じ町内の「麹やもとみやさん」の商品のためか、全く違和感なくとても美味しく頂けました。
 さて、今回の「一日体験工房ツアー」というのは、八幡平市の荒屋新町商店街で行っている、一日体験工房というものがあり、体験メニューが10種類用意されています。今回はその中から、麹やもとみやさんの「手前味噌つくり」・安比塗漆器工房さんの「漆箸に色漆塗り体験」・北舘製麺さん「新そばの手打ちそば体験」・ふうせつ花さん「豆乳うどん手打ちうどんつくり」の四種類の中から、ひとつを体験するというものでした。

 

Info

© Copyright 2018 - 事務局が行く! | Made by AppChain.com