pic
http://youtu.be/1I3t6ybT4jo http://youtu.be/oKtkhoib-BA 東京駅の65のレストランとショップが団結し、岩手の復興応援を目的とする「ニッポンおいしいフェア~岩手復興応援編vol.2」が3月16日まで開催されました。これは、岩手の食材を使ったオリジナルメニューを東京駅のレストランゾーンやエキナカ商業施設で展開するもの。昨年10月から11月にかけて行われた企画の第2弾でした。  このとき使われた食材は、いわて短角牛、ほうれんそう、ラズ...
pic
http://youtu.be/oKtkhoib-BA 岩手の工房の個性ある作品とそのつくり手たちと出会えます。 今年は【高田松原の「マツ」でつくる】をテーマに各工房の作品も展示されます。 会期/11月5日(土)10:00~17:00      6日(日)10:00~16:00 会場/岩手県公会堂2F 21号・26号室 主催/いわて木の工房会 お問合せ/おりつめ木工 和山 忠吉 ...
pic
今回ご紹介する「心の復興支援事業」は、テレビなどでよく耳にする、子どもたちの心ケアではありません。  大人や家族を中心とするものであり、また発達障害(アスペルガー・ADHD・高機能広汎性発達障害その他自閉症スペクトラムに属する人々)を持っている当事者の当事者による当事者のための、講演会とワークショップです。  わたしはあの震災後、避難所に入らない方たちがいることを聞きました。避難所に入らない理由は...
pic
pic
10月22日土曜日、いわて県民情報交流センターアイーナ4階の県民プラザにおいて、「三陸を応援!第3回復興バザー」が開催されます。  今回で3回目となるこのバザーは、アイーナの全施設が一体となり、バザーを通じて被災地を応援しようという催しで、被災された方々が商品を持ち込み販売する『被災地からの販売ブース』、個人参加による『個人出店者ブース』、そしてアイーナ館内の施設から提供された品を販売する『アイーナブー...
8月

16


↑と書きましたが、決してスポーツだったり、踊りだったり、はたまた、機織りだったりはしません。
 これは美味しいお話です。(笑)
 先日、会社の同僚とお昼休みにレストランに行ってきました。「ウサギ ボタニカ」っていうところです。ここの料理は、野菜、穀物、豆、海藻、厳選した調味料のみで作られていて、野菜は旬で、地もので、オーガニックなものを出来るだけ使っているとのこと。私風に言うならば「おしゃれな精進料理のお店」。つまり、お坊さんのような心と体を内からきれいにするお料理を出してくれるところです。
 「えぇー。素っ気ねんじゃね。」と思われるかもしれませんが、いやぁ~美味しいですよ。
私が頂いたのは、今週のマクロビ定食というもので、ワンプレートにおかずが3種類とプラス2種類のトマトがのったもので、それぞれの素材にマッチした味がついていて、味付けも濃すぎることなく、それなのに別のおかずを食べると、ちゃんとそのおかずの味が口の中に広がり、それそれ味が違うというのが分かるんです。←これって、お料理苦手のわたしにとっては、夢のようなお食事。だって、美味しく出来たと思っても、別のお料理に箸をつけるのって、舌をニュートラルに戻すためっていうイメージがあるのですが、ここのお料理は、舌をニュートラルに戻さなくても、それぞれのお料理を口にすると、それぞれでギアが上がっていく感じがするのです。ほんと ぅんまい。

この日私が頂いたお料理は、かぼちゃとひえのハンバーグ。ささぎ・ピーマンのレッドオニオン和え。自家製厚揚げと海藻のサラダ。とうもろこしのナチュラルスープ。かぼちゃとひえのハンバーグは、焦げ目がついていてお醤油で焼いたのかな?ちょっぴり焼きおにぎり風。でも中身のかぼちゃが甘い。でも甘すぎないので、甘いおかずはご飯に合わないという方でも、きっと大丈夫。見た目で少ないかな?って思いますが、通常のレストランより、どの食材も歯ごたえが感じられるので(決して硬くはありません)、自然といつもより多く噛むことになり、それによって、おかずの味がよりしっかり味わえ満腹感が出ます。
 私が食べたものは本日16日までのものだったので、お目にかかれないかもしれませんが、きっと水曜日からは、また美味しいマクロビ定食がお目見えすると思いますので、興味のある方はぜひ足を運んでください。

USAGI Botanica(ウサギ ボタニカ)
盛岡市中の橋通1-3-15
019-681-4932
定休日:火曜

8月

11

岩手さん.com(いわてさん ドット コム)では今、「いわてWebコンテンツグランプリ」の参加作品を募集しています。

岩手さん.com(いわてさん ドット コム)とは、県民総参加型のサイトを目標として、今までの情報を受け取る側だった人たちにも、当サイトを活用し情報発信していただこうというウエブページです。
 そして、みなさんに参加してもらうため、今回「いわてWebコンテンツグランプリ」を企画いたしました。
 この「いわてWebコンテンツグランプリ」には、「フォト部門」「CG・キャラクター部門」「ビデオ部門」「音楽部門」「Webリポート部門」と5つの部門があって、それぞれ自分で撮影したり、作成した未発表の作品を募集しています。

何といっても狙い目は「Webリポート部門」。「フォト部門」「CG・キャラクター部門」「ビデオ部門」「音楽部門」は岩手の魅力をアピールしてください。とのくくりがありますが、Webリポートに関しては、テーマは自由。
えぇ~、自由って一番むずかしいよぉ~
どんなこと?ダメだしされんじゃないのぉ~?
そんなことはありませんよ。
そこで、ちょっとした例を紹介します。

7月29日木曜日。紫波第一中学校の一年生を対象に行われた「ゆうごうセミナー」にお邪魔してきました。ここでは、いくつかの講座に別れ、地域の人たちが先生となり授業(セミナー)をします。今年で10回くらいになるでしょうか?今年はスポーツチャンバラ、フラワーアレンジメント、ハーブ、IT、着付け、お茶、尺八、ビーズ、グランドゴルフ と9つの講座が開かれました。

この内ITの講座に行って、今日の作品をWebリポート部門に応募して下さい。と宣伝してきました。ここではカレンダー作りをしていて、まず初めはカレンダーに貼りつける素材撮影。カメラを持って構内を歩き、あじさいの花や、掲示されているポスター、ほかの講座の教室風景をいろんな角度から撮影していきます。

傍から見ているわたしとしては、「へぇ~、そこから映すんだ。」とか「あら、意外と無難にまとめようとしてるわねぇ。」なんて思いながら、みんなの撮影風景をチラ見していました。

みんな静かに粛々と作業をしていました。さぁてどんな作品ができたかな?
みんなの作業を見ていたら、作ってみたくなり、教室の入り口に貼ってあった金魚で作ってみました。


Q:ん?カレンダーでいいの?
A:なんでもいいのよ。
Q:パソコン苦手なんだけど・・・
A:手書きでOKよ。絵日記でもビデオでも、写真やイラスト。はたまた、これを組み合わせてもOKです。

みんなが体験したことや、不思議に思って調べたことなど、楽しかったことも、そうじゃなかったことも、みんなの言葉で送ってください。
お待ちしてます。

詳しくは こちら

8月

05

盛岡の夏祭り「さんさ踊り」が真っ只中の8月3日。盛岡劇場でフラメンコの公演が行われた。
 岩手というのはとても面白いところで、生活の中から生まれた民謡が数多くあるかと思うと、出身のバレエダンサーが世界中で活躍していたりする。そして今回、フラメンコ公演を行った中田佳代子さんも、世界を舞台に活躍する岩手県出身者なのである。

フラメンコといえば、大きなフリルが裾についたドレスを身にまとい、カスタネット(?)を打ちながら踊るというのが、わたしが抱いていたイメージ。でも、この日の公演で観たフラメンコは、これとは大きく違っていた。ダンサーである中田さんの手にカスタネットはなかった。舞台に出てくるとき、その目は前方の一点だけを見つめて頭を動かさず、足だけが前へ出てくる。まるで、これからコンテンポラリーが始まるみたいだ。
 フラメンコが始まると、その場は一瞬にして「ダンサーが支配する空間」になった。伏し目がちで決して観客を見ることはないのだが、大きな円を描いた腕と柔らかい手首を使い生まれる手の表情。ただそれだけなのに、この圧倒的な雰囲気はなんだろう? 観ていると喉のあたりがグッとくる。情熱的というより、とても重い感じだ。人の「うんと奥の部分」を表現するかのように静かに踊っている。そしていよいよ、ダンスも終盤。ドレスの裾を持つと、それまでの静かなダンスが一転して激しくなる。心臓がドキドキして、興奮をおぼえたところで……、終わった。
 フラメンコを初めて生で観て、「苦しい」と思った。それは、嫌な苦しさではない。人に押し付けられるのではなく、自分の中から何かが出たくてしょうがない苦しさとでも言えばいいか。それはダンスだけではなく、その場の雰囲気全体から受ける感覚だろう。ギターや歌手の手拍子・足拍子も、大きく関わっているのだと思う。会場全体が黒で統一されているせいか、中田さんの真っ赤なドレスは、夜の闇の中で焚き火がたかれているようにも見えた。

 がらりと雰囲気が変わり、ジーンズ姿の男性が出てきた。とても澄んだ高い声とゆっくりとした節回し。

 いなぁ~かぁ なぁ~れぇどぉ~もさぁ~ハぁぁぁぇ~

 「えっ!? フラメンコで南部牛追い唄かい?」と意表を突かれたものの、なんとも言えない、イイ感じなのだ。さっきまで夜の雰囲気だった舞台は、一瞬にして北上高地の山の上。澄み渡る空、遠くまで見える山並みへと舞台を移した。まぶしい牧草地で草を食む牛が見える。「いいなぁ、このゆったりとした感じ。」自分は岩手県人なのだと改めて感じた。
 すると、再び中田さん登場。さっきの燃えるような赤のドレスから着替えて、真っ白なドレス姿だ。そして今度は、とても速くて力強いステップがリズムを刻んでいく。声を掛け合い、まるで陽の光の下で踊っているようだ。タップダンスもリズムを刻むが、それよりずっと重力感のあるステップ。それなのに、とっても楽しそうだ。
 夜のフラメンコと昼のフラメンコ。本場スペインでは、どんなときにどんな人が踊るのだろうか? それとも、どんな時でも、どんな人でも踊れるものなのだろうか? すごく魅かれるし、なにより「人を感じるダンス」だと思った。そして、中田さんがフラメンコを踊る姿を観て、「世界で活躍するということは、人や自然をより自分の中に取り入れ、感じることなのかもしれない」とも思った。

8月

03

最近、よく耳にする「ご当地バーガー」。販売している町の特産品を使った地産地消のハンバーガーですが、それを市町村の枠を越え、岩手県という広~いエリアから素材を選りすぐり、さんさ踊りの8月1日~4日までの期間中、「短角牛バーガー」という名前で公会堂で販売すると知り、食べてきました。

 本当は1日の日に来たかったのですが、如何せん「さんさデビュー」の緊張でハンバーガーを食べる元気が出なかった。ということで、無事デビューを終えた翌2日に、ハンバーガーを食べてきました。
 短角牛バーガーってどんなの?
 数量限定販売って、あたしの分残ってる?
はやる気持ちを抑えながら、しかし、競歩の選手のような歩き方で公会堂へ。
 ありました!!短角牛バーガー。あたしの分!!!!!

少々その値段、(末広がりの)888円にはビビりましたが、「これを食べにきたんだ。これを食べなきゃ女がすたる。」と思い、清水の舞台から飛び降りたつもりで注文。
 注文するとすぐ、はぁ~い。という気持ちいい返事と同時に鉄板の上に置かれたパテ。胡椒がササッとふられ、じゅーじゅーとイイ音。パテを上から ぎゅぎゅぎゅぅぅぅっと押さえつける動作がなく、お肉自体がふっくらとしてくるとひっくり返し、また、じゅーじゅー。パテの周りにぷちゅぷちゅと小さな泡が出て焼きあがりです。
 隣に置かれたバーンズにソースが円を描き、エゴマスタード、きゅうり、パテ、ミニトマト、蕪の千切りをのせると、岩手スペシャルな短角牛バーガーの出来あがり。

 見た目は頑固おやじの顔みたいですが、一口たべると……うっわぁ~、バンズぼよ~ん、蕪シャキーン、きゅうりパリパリ。そしてパテの美味しいこと。パテの中の旨味の粒が口の中でパチンパチンって割れ、特製ソースとトマトの甘みが絡んでサイコー。
 800円出してよかったぁ~!!!ヘンに脂っこくないし、食べ終わるまでバンズはふかふかだし、すんげ、んめがったぁ~!!!(すごく うまかった~!!!)それに、このハンバーガー、時間が経つとどんどんお腹が膨れてきて、満腹感がすごい。次回販売するときも、ぜひ食べたいハンバーガーです。
 ちなみにこのハンバーガーは、さんさ期間中に岩手県公会堂の敷地内に出店した南部たこう焼で販売されていました。

8月

02


だんこんだらスこ だこスこだん だこだんカトカと 
だらスこだん カトカトカと
だらスこだん カトカトカと

盛岡の夏は太鼓の音で始まる。6月に入ると太鼓の練習の音が聞こえ始め、7月になるとその音はどんどん大きくなり、まるで雷鳴のようにも聞こえる。そのせいだろうか8月1日から4日間にわたって行われる盛岡の夏祭り「盛岡さんさ踊り」は、雨と仲がいい。
 しかし、今年は違った。あぢぃ。とにかく、あぢぃ。浴衣を着るときから、背中を汗がつぅーっと流れ、集合場所に集まるときには浴衣はしっとりと体になじんでいた。

「こんなに汗かくって、やっぱ緊張してるのかなぁ」

緊張するのも無理のないこと。今年は、記念すべき33回目である。「半端な回数なのに、なにが記念なのか?」と思うかもしれない。盛岡さんさ踊りの「さんさ」という名の由来は、「33通り」の踊り方があるからとも言われている。「33通り?」と思われるかもしれないが、地区によって踊り方が少しずつ違い、それを合わせると33通りということらしい。
 その上、わたしの「さんさデビュー」の年である。緊張したって当然だ。でも、どうせ参加するなら、花笠をかぶって色とりどりの腰帯を揺らして踊る「伝統さんさ」で参加したいと思い、知人のつてを頼って「太田まなづる(まなづるは、倉に鳥と書きます)」さんにご厄介になり、7月から週2回の練習に参加してきた。

最初の3~4回は、まったくお話にならなかった。お手本になる人の手を見ていると足が合わない。なんたって周りはずっと伝統さんさを踊ってきた人たち。手を上げるだけでも柔らかく、身体がしなやかに動く。それに対し、こちとらボキボキづい(方言です。要するに、動きがギクシャクしているのです)、ド素人。まるで折れた物干し竿みたいだ。練習のときから緊張しまくりで、ひと踊りすると、私だけ滝に打たれたような汗をかく。
 通常、祭りのパレードで踊るのは1番~4番と呼ばれるもので、2番~4番はその振りに特徴がある。2番は「七夕くずし」と呼ばれ、横を向いたとき両手を上下に合わせて叩く振り。3番は「栄夜差(えいやさ)」と呼ばれ、横を向いたとき顔の前で輪を描く。4番「福呼(ふっこ)」は、踊りの最初と最後にお辞儀が入り、横を向いたとき手をキラキラと振る感じの踊りだ。それぞれの振りのときの掛け声も違うが、ちょっと間違ったって、「あれ? やっちゃった」くらいのノリで、なに食わぬ顔して踊ってしまえば、なんとなく踊れてるぞ、という錯覚に陥る。そして、そう思えるようになると、手と足が動いてくる。

そして本番。憧れの花傘。憧れの七色の腰帯。イメージは左右に大きく揺れる腰帯……だったが、とんでもない。パレードの間じゅう、自分の腰帯が揺れてるかなんて全然わかんないし、沿道にいる観光客の人たちに圧倒されて顔はひきつるし、汗はダクダクだし、草履は脱げるしで、いやぁ~、てぇへんだぁ~。それでも、太鼓の音が聞こえると、手と足が動く。あたし踊れてるぅ? なんて悦に入ったりして(笑)。パレードの半分もいかないうちに、周りに人がいるってことより、自分の踊りの手の挙げ方とか、腰の落とし方とかの方が気になってくる。「観て観て!」というよりは、「自分が納得する踊りがしたい」と思えてくるのだ。だから踊っている途中、手の振りをちょっと変えたり、足のさばき方を変えたりと、色気を出してしまう。意外とアレンジ出来るんだと、パレード参加中に発見してしまった。

しかし、落とし穴があった。輪踊りである。パレードが一通り終わると、沿道の人も参加自由の輪踊りタイムになる。この輪踊りがクセものだ。パレードはずっと前に進むから、体の軸をひとつの方向に向けて踊ればいい。しかし輪踊りには、隣の人の背中を見て進むときと、輪の中心を向くときがある。そのせいで、どこでどう向けばいいのか、とっ散らかってしまうのだ。「あれ、進まないの」とか、「おっ? 進むんだった」とか……。借り物の格好なだけに、人より目立ってしまう。それでも、やっと歩きだしたような小さな子どもたちと一緒に踊ったり跳ねたりするのが、すごく楽しい。間違おうが何しようが、ここぞというポイントで元気よく跳ねれば、それでOKだ。

さんさって33通りどころでない、わんさか踊り方があるのかもしれない。ぜったい来年も出るぞ!! 今の気分は、こんな感じ。

幸呼来ぁ~ ちょいは やっせ! 
(さっこらぁ~。さんさ踊りの掛け声です、蛇足ながら……)。

Info

© Copyright 2018 - 事務局が行く! | Made by AppChain.com