pic
http://youtu.be/1I3t6ybT4jo http://youtu.be/oKtkhoib-BA 東京駅の65のレストランとショップが団結し、岩手の復興応援を目的とする「ニッポンおいしいフェア~岩手復興応援編vol.2」が3月16日まで開催されました。これは、岩手の食材を使ったオリジナルメニューを東京駅のレストランゾーンやエキナカ商業施設で展開するもの。昨年10月から11月にかけて行われた企画の第2弾でした。  このとき使われた食材は、いわて短角牛、ほうれんそう、ラズ...
pic
http://youtu.be/oKtkhoib-BA 岩手の工房の個性ある作品とそのつくり手たちと出会えます。 今年は【高田松原の「マツ」でつくる】をテーマに各工房の作品も展示されます。 会期/11月5日(土)10:00~17:00      6日(日)10:00~16:00 会場/岩手県公会堂2F 21号・26号室 主催/いわて木の工房会 お問合せ/おりつめ木工 和山 忠吉 ...
pic
今回ご紹介する「心の復興支援事業」は、テレビなどでよく耳にする、子どもたちの心ケアではありません。  大人や家族を中心とするものであり、また発達障害(アスペルガー・ADHD・高機能広汎性発達障害その他自閉症スペクトラムに属する人々)を持っている当事者の当事者による当事者のための、講演会とワークショップです。  わたしはあの震災後、避難所に入らない方たちがいることを聞きました。避難所に入らない理由は...
pic
pic
10月22日土曜日、いわて県民情報交流センターアイーナ4階の県民プラザにおいて、「三陸を応援!第3回復興バザー」が開催されます。  今回で3回目となるこのバザーは、アイーナの全施設が一体となり、バザーを通じて被災地を応援しようという催しで、被災された方々が商品を持ち込み販売する『被災地からの販売ブース』、個人参加による『個人出店者ブース』、そしてアイーナ館内の施設から提供された品を販売する『アイーナブー...
6月

22

お花畑が見えたとか、川があったとか……。行って来た人はそう言うようですが、わたしが覗いた「浄土」は海にありました。空も海も青く、入江の奥まったところに位置するその浄土は、陸中海岸国立公園の中にあります。その名も、浄土ヶ浜。

浜といえば砂というイメージがありますが、この浜は真っ白な石の浜です。というのも、ここの岩は流紋岩という岩で、とても硬く砂になりにくいのだそうです。しかし、そのおかげで、この世のものとは思えない絶景が楽しめるのです。波に洗われた岩山は、まるで氷山のような白さで、その山肌には濃いピンク色のハマナスが咲いていました。
 大きな観光船もありますが、浄土を満喫するにはサッパ船がオススメ! 薄緑色をした海がどこまでも澄んでいることをこの目で確認しながら、浄土の入江を巡ります。その浄土ツアーの水先案内人は、サッパ船の船頭さん。ウミネコとカモメの違いや、海鵜が鵜飼の鵜になることなどを柔らかな声で話しながら、巧みに船の方向を変えて案内してくれます。

さて、浄土ヶ浜とはいうものの、実はここには地獄もあります。「針の山」「賽の河原」「血の池」といった名前がついている岩場があり、木も生えていません。その名を聞いたせいか岩が少し黒みがかり、苦しむ人がいるようにも見えます。何が地獄で何が浄土なのかを、こんなに身近で体験(?)できるなんて、本当にありがたいことです。

地獄を後にして、いよいよサッパ船は、このツアーの一大イベントである「青の洞窟」へと向かいます。地元では「八戸穴」と呼ばれるこの洞窟は、観光遊覧船乗り場の近くにありますが、サッパ船がやっと入れるほどの小さな穴。入り口付近の岩は、まるで刀で切りつけられたように一直線に切り取られています。
 ゆっくりと洞窟の中へ入っていくと、穴は大きく左にうねり、先の方は見えません。「ここから犬を放してやったら八戸で見つかった」との逸話から、その名が付いたといいます。ひと通り説明を聞き、「後ろを見て」の船頭さんの声に振り返ったら……。
 「おぉ~! すごぉぉぉぉ~い」「きれいぃぃぃ」
 紺碧の海面と蒼穹の空が黒い額縁の中にありました。天井から下がっている岩も気にならないほどの美しさ。特に出口付近の海面は、濃い青と濃い緑と、二つの色が楽しめます。よく見ると、海の中には大きなウニがへばりついています。そういえば、むかし行った「青の洞窟」っていうスパゲティ屋のウニパスタ、美味しかったなぁ~。意外にわたしのイタリアって近くにあったんだぁ。
 と、若かりし頃の思い出にも浸りながら、小さいほうの穴を通り抜けると、今度は対岸にカキがへばりついている。まぁ、本当に極楽! 宝の蔵のような入江です。ちなみに、このサッパ船に乗るなら、お昼少し前がオススメです。この時間帯なら、撮影ポイントが増えること請け合いです。帰りはウミネコに餌をあげながら帰ってくるのですが、失敗すると指までかじられ、一気に現実に引き戻されます。

あの世とこの世を往復したあたりで、ちょうどお腹が空いてきました。浄土ヶ浜の前にあるレストハウスは、周りの景色にマッチした白い壁の建物。ここのレストランでお昼にしましょう。メニューはいろいろありますが、「海鮮赤鬼丼」をぜひどうぞ。これでもかというほど、三陸の海の幸がてんこ盛りです。海老、たこ、ホタテ、いくら、ほや、わかめ。さっき地獄めぐりをしてきたので、「仇をとらねば」と思いっきりがっつきました。
 どれも甘くて、やわらかい! 鬼の金棒にみたてて盛り付けられたホヤ。実は、初めて食べました。「ホヤはクセがあって……」と、いろんな人から聞いていたけれど、食べてみるとやわらかくて「つるん」って感じ。「クセってどんなんだろう?」と思うほどで、何も恐れることはありませんでした。
 この丼はセットで、あら汁とイカ大根、箸やすめの二品がつきます。それぞれの味が違うのに、どれもお互いの味を邪魔せず本当に美味しく、これで1,500円也。とても鬼とは言えない料金で、海の幸が堪能できます。あら汁や小鉢は季節によって材料が代わるので、同じメニューでもいろんなバリエーションが楽しめるとのことでした。この他にも「アワビ丼」「浜だこ唐揚げ丼」「三陸ラーメン」「イカスミスパゲティ」といったメニューがずらりと並んでいて、なかなか注文が決まらないかもしれません。

レストハウス入り口では、ソフトクリームも売っています。ここではぜひ、くるみ味のソフトを! 濃厚ながらも、すっきりとしたあと味のソフトクリームです。ただし、このソフトクリームを食べる際には、注意すべき点がひとつ。トンビが狙って急降下してくるのだそうです。イマドキのトンビは油揚げではなく、ソフトクリームが好物なのしょうか。また同じコーナーで、土日限定の「宮古バーガー」も販売していますので、ご当地バーガーが気になる方は、こちらもどうぞ。

先に紹介したサッパ船乗り場は、浄土ヶ浜の真ん中。浄土ヶ浜のマリンハウス前から乗ることができます。サッパ船の他にも、貸しボートや入江から外に出るモーターボート観光もあるので、入江で手漕ぎボートに乗って太公望をきめるもヨシ! モーターボートで穴場観光するもヨシ!! まだまだ、お楽しみがいっぱいです。

浄土ヶ浜マリンハウス http://j-marine.com/

 浄土ヶ浜レストハウス http://www6.ocn.ne.jp/~jyodo/

6月

17

~ハリウッド在住の日本人クリエイター岡野秀樹氏(リズム&ヒューズ・スタジオ)を迎えて~

主催:岩手めんこいテレビ 企画:めんこいエンタープライズ
後援:岩手県

開催日時:2010年6月28日(月)開場18:00、開演18:30、終演20:00(予定)
会   場:大通会館リリオ3階イベントホール
       住所 岩手県盛岡市大通1-11-8 TEL.019-623-2520
講 演 者:岡野 秀樹 氏(リズム&ヒューズ・スタジオ)
定   員:130名
入   場:無料

メイキング オブ ハリウッドVFX

【参加のご案内】
めんこいエンタープライズでは、「いわてwebコンテンツグランプリ」の開催に関連して、ハリウッドで活躍するCGクリエイターの岡野秀樹氏を迎えての特別セミナーを開催いたします。この機会にぜひ、ご参加くださるようご案内させていただきます。

【セミナー内容】
過去23年間のリズム&ヒューズ・スタジオの作品と、「ハムナプトラ3」、「リング2」、「ハルク2」、「ハッピーフィート」、「ナルニア国物語」、「マーシャル博士の恐竜ランド」など、岡野秀樹氏が関わった過去13年間の映画作品のメイキングをたっぷりとご紹介します。

【岡野秀樹さんプロフィール】
おかの・ひでき
アメリカ、ロサンゼルス市リズム&ヒューズ・スタジオ勤務
シニアテクニカルディレクター/エフェクトアニメーター
略歴
多摩美在学中、ちょっとした間違いで渋谷の専門学校の夜間部でCGを学び始める。
1987年から日本最古のCGプロダクションJGCLでキャリアをスタートさせるも1年で会社は解散。
1988年からは大阪花の万博(EXPO’90)富士通館で上映された世界初フルカラー立体全天周型ドーム映像「ユニバース2」の制作に従事。
1990年ポリゴンピクチュアズに移籍。そこで開発されたスケルトンやパーティクルや3Dペインター等、当時はまだ普及していなかった最新技術を用いた実験的作品を制作。その後フリーランスのCGディレクターとして多くのCMのCGを手がける。
1997年渡米、以来ロサンゼルスのリズム&ヒューズ社においてシニアエフェクトテクニカルディレクターとして主にハリウッド映画のエフェクトを制作している。

主な作品:「筋肉座標軸を求めて」「青春牡丹灯籠」「森永製菓チョコボールTVCMシリーズ」「スピード2」「ソルジャー」「ミステリーメン」「トータルフィアーズ」「X-MEN2」「リング2」「スーパーマンリターンズ」「ハッピーフィート」「ゴールデンコンパス/ライラの冒険」「インクレディブルハルク」「ハムナプトラ3」「特攻野郎Aチーム」

リズム&ヒューズ・スタジオ(Rhythm and Hues Studios):本社をカリフォルニア州ロサンゼルスに置く1987年設立の制作会社。ハリウッド映画やCM のCGとVFXを数多く手がけている。1995年、2008年、アカデミー視覚効果賞を受賞。     1994年、1998年、2008年、サイエンティフィック&テクニカルアカデミー賞を受賞。

【イベントに関する問い合わせ】
「いわてWEBコンテンツグランプリ」事務局
〒020-0866 岩手県盛岡市本宮字松幅91(めんこいエンタープライズ内)
TEL.019-656-3133/FAX.019-656-3134
E-mail contest@iwatesan.com

Info

© Copyright 2018 - 事務局が行く! | Made by AppChain.com