pic
http://youtu.be/1I3t6ybT4jo http://youtu.be/oKtkhoib-BA 東京駅の65のレストランとショップが団結し、岩手の復興応援を目的とする「ニッポンおいしいフェア~岩手復興応援編vol.2」が3月16日まで開催されました。これは、岩手の食材を使ったオリジナルメニューを東京駅のレストランゾーンやエキナカ商業施設で展開するもの。昨年10月から11月にかけて行われた企画の第2弾でした。  このとき使われた食材は、いわて短角牛、ほうれんそう、ラズ...
pic
http://youtu.be/oKtkhoib-BA 岩手の工房の個性ある作品とそのつくり手たちと出会えます。 今年は【高田松原の「マツ」でつくる】をテーマに各工房の作品も展示されます。 会期/11月5日(土)10:00~17:00      6日(日)10:00~16:00 会場/岩手県公会堂2F 21号・26号室 主催/いわて木の工房会 お問合せ/おりつめ木工 和山 忠吉 ...
pic
今回ご紹介する「心の復興支援事業」は、テレビなどでよく耳にする、子どもたちの心ケアではありません。  大人や家族を中心とするものであり、また発達障害(アスペルガー・ADHD・高機能広汎性発達障害その他自閉症スペクトラムに属する人々)を持っている当事者の当事者による当事者のための、講演会とワークショップです。  わたしはあの震災後、避難所に入らない方たちがいることを聞きました。避難所に入らない理由は...
pic
pic
10月22日土曜日、いわて県民情報交流センターアイーナ4階の県民プラザにおいて、「三陸を応援!第3回復興バザー」が開催されます。  今回で3回目となるこのバザーは、アイーナの全施設が一体となり、バザーを通じて被災地を応援しようという催しで、被災された方々が商品を持ち込み販売する『被災地からの販売ブース』、個人参加による『個人出店者ブース』、そしてアイーナ館内の施設から提供された品を販売する『アイーナブー...
5月

18

毎年4月29日に行われる、大沢温泉の金勢祭り。年に一度、御神体である「金勢様」を露天風呂で洗い清めるという儀式です。

こちらの金勢様はたいへん優しい方で、男女の縁結びに始まり、子宝、出産、下の病まで面倒をみてくれるとのこと。この幸運は、「入浴の儀」に参加した者(しかも、参加資格は女性のみ!)にもたらされるといわれているのですが、なんとインターネットで参加者の一般公募をしていたのです。これを見たら参加せずにはいられない。ただでさえ、女性メインの参加型例祭は珍しいのに、この効験たるや、ぜひともあやからねば!

そこでさっそく電話で申し込むと、「これに参加されて思いが通じた方が多く、お礼やご報告のお電話をいただくんですよ」とのこと。「参加4人中3人から、報告をいただいた年もあります」と、自炊部の佐藤支配人は、とても柔らかくて優しい声で話してくれました。

申し込んだその日からワクワクした気持ちでいたのに、当日はあいにくの雨模様。露天風呂の下を流れる川もゴーゴーと音を立てて流れ、わたしのような軽い考えで参加してはいけなかったかしら……と、少し反省。
千葉や仙台など、県外から参加する方もいて、皆さん少々緊張気味。もちろん、お祭り女のわたしも緊張とおしょし(恥ずかしい)気持ちが混じっていました。

なぜ恥ずかしいか? 実は、奇祭といわれるお祭りゆえに、新聞やテレビの取材がくるというのがあって、「もし、近所の人に見られたら……」という思いと、金勢様のお姿そのものが恥ずかしいという気持ちも無きにしも非ず。それでも、金勢様が面倒みてくれる内容を考えれば、「うん。そうだよな」と納得しながら。何より、年に一度の例祭。金勢様に楽しんでいただかなくては!! 私たちが緊張していたら、金勢様だって楽しくないよね。できるだけ笑顔でニコニコしなくちゃ。

とは思ったものの、露天風呂の周りに陣取った、たくさんのレンズがこちらを向いている中、目線を上げるというのは至難の技。それでも金勢様にまたがり、金勢様を運んできてくれた男性陣に「おぉ~っ!」と拍手されると、「うふっ」となったりして……。

無事、入浴の儀が終わると、今度は広間へ移動。神楽が演じられたあと、参加者が紹介されました。人との縁を大切に思い参加した人、ご主人との絆を深めたい人、ここまで連れて来てくれたご主人に感謝する人。思いはそれぞれでしたが、誰もが入浴の儀に参加して体も心も温かくなったようでした。

 えっ? わたしですか? もちろん参加してよかったなって思います。まだ自分の身の周りで何かあったということはないのですが、強いて言うならば、お祭り以降いつも頬の筋肉が上がっているような感じ。いらない力を抜いて、笑顔を与えてくれるお祭りだと思いました。百聞は一見にしかず。興味のある方は、ぜひ来年、参加してみてください。

問合せ先:大沢温泉 自炊部 TEL 0198-25-2315

Info

© Copyright 2018 - 事務局が行く! | Made by AppChain.com